千葉周作 剣道まっしぐら

スポンサーリンク

千葉周作 剣道まっしぐら

千葉周作 剣道まっしぐらとは。

1970年から1971年にかけてTBS系列で放送された、全44回の日本の時代劇です。岩下亮、江夏夕子、岩井友見などが出演しています。山岡荘八の小説「千葉周作」を原作に、江戸時代後期の剣術家、千葉周作の青年時代を描いています。

ドラマの概要

ドラマの概要

千葉周作 剣道まっしぐら

ドラマの概要

千葉周作 剣道まっしぐらは、1975年に日本テレビ系列で放送された時代劇。全26話。主演は緒形拳。

千葉周作は、江戸時代中期の剣豪であり、北辰一刀流の開祖として知られています。千葉周作は、幼い頃から剣術の才能を発揮し、18歳のときに江戸に出て、神道無念流の免許皆伝を取得しました。その後、千葉周作は各地を巡り、剣術の修行を積みました。千葉周作は、30歳のときに北辰一刀流を開き、江戸で道場を開きました。千葉周作の道場は、多くの弟子が集まり、北辰一刀流は、全国に広まりました。

千葉周作は、剣豪としてだけではなく、教育者としても知られています。千葉周作は、弟子たちに、剣術だけでなく、礼儀作法や、人間としての生き方を教えました。千葉周作の弟子の中には、後に、剣豪として名を馳せる者も少なくありませんでした。

千葉周作とは

千葉周作とは

千葉周作とは、江戸時代中期の剣客であり、北辰一刀流の開祖です。

1718年に武蔵国多摩郡大沢村(現在の東京都調布市)で生まれ、幼い頃より剣術の修行に励みました。
1731年に江戸に出て、様々な道場を渡り歩きながら剣術の腕を磨きました。

1739年に北辰一刀流を開き、1747年には神田に道場を構えました。
北辰一刀流は、独自の剣術理論と技法を備えた剣術流派であり、多くの弟子を育て上げました。

千葉周作は、剣術の達人としてだけでなく、教育者としても知られています。
剣術の修行を通じて、弟子たちに礼儀作法や道徳観を教え込み、人間としての成長を促しました。

千葉周作は、1781年に64歳で亡くなりましたが、北辰一刀流はその後も多くの弟子たちによって受け継がれ、現在に至るまで伝えられています。

ドラマの見どころ

ドラマの見どころ

ドラマの見どころ

時代劇ファンにはたまらない、本格的な剣戟シーン
『千葉周作 剣道まっしぐら』の見どころの一つは、やはり本格的な剣戟シーンです。千葉周作が様々な剣豪たちと対決するシーンは、迫力満点で必見です。特に、千葉周作と柳生十兵衛の対決シーンは、ドラマの中でも屈指の見せ場となっています。

柳生十兵衛役の佐藤健は、千葉周作役の松坂桃李と互角に渡り合う剣さばきを披露しており、二人の対決シーンはまるで映画のような迫力です。また、千葉周作の弟子である山田平左衛門役の柄本佑も、見事な剣さばきを披露しています。

笑いあり涙ありのヒューマンストーリー
『千葉周作 剣道まっしぐら』は、剣戟シーンだけでなく、笑いあり涙ありのヒューマンストーリーも魅力です。千葉周作は、剣術指南役として、多くの弟子を育て上げますが、その中には様々な問題を抱えた弟子たちもいます。

千葉周作は、そんな弟子たちと向き合いながら、剣術だけでなく、人生の生き方についても教えていきます。千葉周作の弟子たちの成長物語は、見ている人の心に響くものがあります。

時代考証にこだわった映像美
『千葉周作 剣道まっしぐら』は、時代考証にもこだわっており、江戸時代の風景をリアルに再現しています。また、衣装や小道具も時代考証に基づいて作られており、ドラマの世界観に没入することができます。

特に、千葉周作が剣術指南役を務める千葉道場のセットは、実際に江戸時代に存在した千葉道場を参考にして作られており、その再現度の高さには驚かされます。

タイトルとURLをコピーしました