「クリスマス・イヴ」殺人鬼と雪の館の戦い

スポンサーリンク

「クリスマス・イヴ」殺人鬼と雪の館の戦い

クリスマス・イヴとは。

クリスマス・イヴは、岡嶋二人の長編サスペンス小説です。1989年に刊行され、雪で閉ざされた別荘地を舞台に、殺人鬼との戦いを描いています。

雪に閉ざされた別荘地という絶望的な舞台

雪に閉ざされた別荘地という絶望的な舞台

雪に閉ざされた別荘地という絶望的な舞台

クリスマス・イヴの夜、雪に閉ざされた別荘地で殺人事件が発生する。被害者は、別荘地に住む若い女性で、何者かに胸を刺されて殺害されていた。警察は捜査を開始するが、雪で道が封鎖されており、外界との連絡が途絶えてしまう。別荘地に閉じ込められた人々は、犯人が自分たちの中にいることを知り、恐怖に陥る。

犯人は、別荘地に滞在していた男の一人であることが判明する。男は、若い女性に好意を寄せていたが、彼女が自分を拒絶したことに逆上し、殺害したのだった。警察は、男を逮捕しようとするが、男は抵抗し、警察官を殺害して逃走する。

別荘地に閉じ込められた人々は、絶望的な状況に陥る。食料や燃料は尽きかけ、寒さと飢えに苦しみ始める。さらに、犯人は依然として逃走しており、いつ襲われるかわからないという恐怖に怯える。果たして、彼らは無事にクリスマスを迎えられるのだろうか。

殺人鬼の正体と目的とは?

殺人鬼の正体と目的とは?

「クリスマス・イヴ」殺人鬼の正体は、過去のクリスマス・イブに館で起きたある事件に端を発する。

雪の館の主である老婦人は、毎年クリスマス・イブに親戚や友人たちを館に招いて豪華なパーティーを開いていた。しかし、ある年のクリスマス・イブ、老婦人の娘であるエミリアが何者かに殺害され、館は一変して惨劇の場と化した。

エミリアの死後、館では不可解な出来事が起こるようになった。クリスマス・イブになると、館に謎の殺人鬼が現れて人々を次々と殺害していくのだ。殺人鬼はまるでエミリアの復讐者のように、館を訪れた人々を次々と惨殺していった。

警察は殺人鬼の捜査に乗り出すが、一向に手がかりは掴めない。殺人鬼はいつもサンタクロースの衣装を身にまとっており、その正体は謎に包まれていた。館に集まる人々は、殺人鬼の脅威に怯え、クリスマス・イブを過ごすことを恐れるようになった。

そんなある年、館に一人の女性が訪れた。その女性の名前はアリスといい、彼女はエミリアの親友だった。アリスはエミリアの死の真相を突き止めるために、館を訪れたのだ。アリスは館の中で、殺人鬼の正体と目的を知るための手がかりを探し始める。しかし、殺人鬼はアリスの動きを察知し、彼女を付け狙うようになった。アリスは、館の中で殺人鬼と壮絶な戦いを繰り広げることになる。

そして、意外な結末へ

そして、意外な結末へ

小見出し「そして、意外な結末へ」

クリスマス・イヴの夜、雪の館に現れた殺人鬼と館の住人たちの戦いは、意外な結末を迎えた。

殺人鬼は、館の主である老婦人を殺害し、その孫娘である少女を誘拐した。館の住人たちは、少女を救うために殺人鬼を追跡したが、殺人鬼は館の地下室に少女を監禁し、姿を消した。

館の住人たちは、少女を救出するために地下室を探したが、殺人鬼の姿は見つからなかった。しかし、地下室の奥にある部屋で、少女が殺人鬼に殺害されているのが見つかった。

館の住人たちは、少女の死を悼み、殺人鬼を逮捕するために警察に通報した。警察は、館の周辺を捜査したが、殺人鬼の行方はつかめなかった。

それから数日後、殺人鬼は館の近くで逮捕された。殺人鬼は、少女を殺害したことを認め、警察に連行された。

殺人鬼の逮捕で、館の住人たちは安堵したが、少女の死を悼む気持ちは消えなかった。館の住人たちは、少女の死を忘れないために、館に少女の慰霊碑を建立した。

慰霊碑は、館の庭に建てられ、少女の名前と生没年が刻まれている。館の住人たちは、慰霊碑の前で少女を偲び、少女の死を悼んでいる。

タイトルとURLをコピーしました