「山のごちそう」:日本の唱歌の歴史と背景

スポンサーリンク

「山のごちそう」:日本の唱歌の歴史と背景

山のごちそうとは。

「山のごちそう」は、日本の唱歌の題名で、オーストリア民謡「ホルディリオクック」をもとに作られました。作詞者は阪田寛夫です。

「山のごちそう」の歌詞と意味

「山のごちそう」の歌詞と意味

「山のごちそう」の歌詞と意味

「山のごちそう」の歌詞は、森の動物たちが秋の収穫を祝う様子を描いています。歌詞は、リスが木の実を集め、クマが蜂蜜を食べ、ウサギが野原で草を食べている様子を表現しています。歌詞の後半では、動物たちが山のごちそうを食べながら、楽しい時間を過ごしている様子が描かれています。この歌詞は、秋の収穫を祝う歌であり、豊かな自然と動物たちの生き生きとした様子を表現しています。

「山のごちそう」の歌詞の背景には、日本の豊かな自然があります。日本は山と森に囲まれた国であり、四季折々の美しい景色を楽しめます。秋の収穫期には、森や野原には木の実や草木が実り、動物たちはこれらの自然の恵みを食べて生活しています。この歌は、日本の豊かな自然と、そこで暮らす動物たちの生き生きとした様子を表現しているのです。

この唱歌の誕生秘話

この唱歌の誕生秘話

この唱歌の誕生秘話

「山のごちそう」は、昭和3年(1928年)に発表された唱歌である。作詞はサトウハチロー、作曲は中山晋平である。

この曲は、もともと「野草の味」というタイトルで発表された。しかし、その後「山のごちそう」というタイトルに変更された。この変更は、この曲が山菜をテーマにしたものであることをより強調するために行われた。歌詞は、山菜の美味しさや採集の楽しさを歌っている。

この曲は、発表後すぐに人気を集めた。そして、現在でも小学校の教科書に掲載されているなど、広く歌い継がれている。この曲は、日本の唱歌の歴史において、重要な位置を占める曲である。

この曲は、サトウハチローと中山晋平のコンビによって生まれた。サトウハチローは、もともと童謡の作詞家として知られていた。しかし、この曲の作詞では、童謡とは異なる新しいスタイルに挑戦している。中山晋平は、日本の近代音楽の父とも呼ばれている作曲家である。この曲は、中山晋平の作曲家としての才能を遺憾なく発揮した曲である。

この曲は、日本の唱歌の歴史において、重要な位置を占める曲である。この曲は、サトウハチローと中山晋平のコンビによって生まれた。この曲は、山菜の美味しさや採集の楽しさを歌っている。この曲は、発表後すぐに人気を集めた。そして、現在でも小学校の教科書に掲載されているなど、広く歌い継がれている。

「山のごちそう」の教育的価値

「山のごちそう」の教育的価値

「山のごちそう」の教育的価値

「山のごちそう」は、日本の唱歌の中で最も親しまれている曲の一つであり、多くの学校で唱歌として教えられています。この曲は、自然の美しさと恵みに感謝する気持ちが込められており、教育的な価値が高い曲として評価されています。

「山のごちそう」の歌詞は、山で採れる様々な食べ物を歌っています。歌詞には、栗、どんぐり、きのこ、山ぶどうなど、山で採れる様々な食べ物が登場し、その食べ物の味や収穫の喜びが歌われています。また、歌詞には、山で採れた食べ物を食べることで、健康や体力が維持されるということも歌われており、自然の恵みに感謝する気持ちが込められています。

「山のごちそう」の曲は、明るく軽快なメロディーであり、歌詞の内容とよく合っています。曲のテンポも速すぎず遅すぎず、子供たちが歌いやすい曲になっています。また、曲のサビの部分は繰り返しになっており、子供たちが歌いやすいようになっています。

「山のごちそう」は、教育的な価値が高い曲として評価されており、多くの学校で唱歌として教えられています。この曲は、自然の美しさと恵みに感謝する気持ちが込められており、歌詞の内容とよく合っている曲です。また、曲のテンポも速すぎず遅すぎず、子供たちが歌いやすい曲になっています。

タイトルとURLをコピーしました