茜色のプロムナード:赤川次郎のミステリー

スポンサーリンク

茜色のプロムナード:赤川次郎のミステリー

茜色のプロムナードとは。

「茜色のプロムナード」は、赤川次郎が2003年に刊行した長編ミステリー小説です。
「杉原爽香」シリーズの一作でもあります。

杉原爽香シリーズの概要

杉原爽香シリーズの概要

杉原爽香シリーズの概要

杉原爽香シリーズは、赤川次郎によって書かれたミステリー小説シリーズです。

主人公の杉原爽香は、東京大学を卒業後、警視庁に入った女性刑事です。爽香は、優れた推理力と行動力で、数々の難事件を解決します。

シリーズの第一作は、1984年に発表された『蝶たちの聖夜』です。この作品は、クリスマスの日に起こった殺人事件を爽香が解決するストーリーです。

シリーズは、その後もコンスタントに新作が発表され、現在では30冊以上が出版されています。爽香は、その人気の高さから、ドラマや映画にも数多く出演しています。

爽香シリーズの特徴は、その軽快なタッチで、ミステリーでありながら、ユーモアも交えたストーリー展開が特徴です。また、爽香のキャラクターも魅力的で、読者からの人気を集めています。

杉原爽香シリーズは、赤川次郎の代表作のひとつであり、ミステリー小説ファンに広く愛されているシリーズです。

茜色のプロムナードのストーリー

茜色のプロムナードのストーリー

-茜色のプロムナードのストーリー-

茜色のプロムナードは、赤川次郎のミステリー小説です。1991年に発表され、1992年に映画化された人気作です。

主人公は、東京の出版社に勤める編集者である森下俊介です。ある日、森下は大学時代からの友人である岡部直人から、妻の浮気調査を依頼されます。直人は、妻である美沙子が最近怪しい行動をとっていることに気づき、浮気を疑い始めたのです。

森下は、直人の依頼を受けて美沙子の浮気調査を開始します。しかし、調査を進めるうちに、美沙子が浮気をしているという証拠は見つかりません。むしろ、美沙子には何か隠している秘密があることがわかってきます。

そんな中、美沙子が何者かに殺害されてしまいます。森下は、美沙子の死の真相を解明するため、本格的な捜査に乗り出します。そして、捜査を進めるうちに、美沙子の殺害事件が、意外な人物によるものだということが判明するのです。

茜色のプロムナードは、ミステリー小説でありながら、ラブストーリーの要素も兼ね備えた作品です。主人公の森下と美沙子の関係や、直人と美沙子の関係など、さまざまな恋愛模様が描かれています。また、作中には茜色のプロムナードと呼ばれる美しい散歩道が登場し、そのプロムナードが物語の重要な舞台となっています。

茜色のプロムナードの登場人物

茜色のプロムナードの登場人物

茜色のプロムナードの登場人物

茜色のプロムナードには、さまざまな個性豊かなキャラクターが登場します。その中でも、特に重要な人物をいくつかご紹介します。

・笠井耕介プロムナードに起こる事件を解決することに協力してくれる謎の青年。

・浜口隆志プロムナードのオーナー。

・浜口美紗浜口隆志の娘。

・竹村博文プロムナードで事件に遭った男性。

・藤田洋介プロムナードの従業員。

・山内秀樹プロムナードの従業員。

・安藤正志プロムナードの従業員。

それぞれのキャラクターが事件に関わり、ストーリーが展開していきます。

タイトルとURLをコピーしました