「CROSS ROAD」の意味と歌詞解説

スポンサーリンク

「CROSS ROAD」の意味と歌詞解説

CROSS ROADとは。

「CROSS ROAD」は、日本のロックバンドMr.Childrenが1993年に発売したポピュラー音楽です。作詞・作曲は桜井和寿が担当し、日本テレビ系列で放送されたドラマ「同窓会」の主題歌として起用されました。

「CROSS ROAD」の意味

「CROSS ROAD」の意味

「CROSS ROAD」は、人生における分岐点や岐路、選択の際に直面する困難をテーマにした曲です。歌詞には、「CROSS ROAD」というフレーズが繰り返し登場し、主人公が人生の岐路に立ち、どちらの道を選ぶべきか悩んでいる様子が描かれています。

また、歌詞の中には、「心のままに歩いていけばいい」「真実の道を進むべきだ」といったフレーズも登場しており、主人公が自分の信念を貫き、正しい道を歩む決意を示しています。

「CROSS ROAD」は、人生の岐路に立った人々に勇気を与える曲であり、多くの人々に支持されています。

「CROSS ROAD」の歌詞解説

「CROSS ROAD」の歌詞解説

「CROSS ROAD」の歌詞解説

「CROSS ROAD」の歌詞は、進路や人生の岐路に立たされた主人公の心情を歌ったものです。サビの部分では、「CROSS ROAD」という言葉が何度も繰り返されており、主人公の決意と葛藤が表現されています。また、歌詞の中には、「新しいドアを開けてみよう」というフレーズが登場し、主人公が新たな一歩を踏み出そうとしていることが伺えます。

この曲は、進路や人生の岐路に立たされた人々に勇気を与える曲でもあります。歌詞の中には、「くじけそうになっても負けないで」というフレーズがあり、主人公が困難に立ち向かう決意を示しています。また、サビの部分では、「未来は自分で切り開いていくもの」というフレーズが登場し、人生は自分で選択していくものであることが歌われています。

「CROSS ROAD」は、人生の岐路に立たされた人々に勇気を与える曲です。歌詞の中には、困難に立ち向かう決意や、人生は自分で選択していくものであることが歌われています。この曲は、進路や人生の岐路に立たされた人々が、新たな一歩を踏み出すための背中を押してくれる曲です。

「CROSS ROAD」の音楽性

「CROSS ROAD」の音楽性

「CROSS ROAD」の音楽性は、ロック、ポップ、R&Bなど様々なジャンルの要素を組み合わせた、ハイブリッドな音楽となっています。ロックの力強いギターサウンドと、ポップスらしいキャッチーなメロディー、そしてR&B特有のリズミカルなビートが絶妙に融合しています。また、歌詞には、人生の岐路に立った主人公の葛藤や迷いが描かれており、それを表現するような、エモーショナルなボーカルが印象的です。さらに、楽曲全体を通して、シンセサイザーや打ち込みなどの電子音が効果的に使われており、より現代的なサウンドに仕上げられています。

タイトルとURLをコピーしました