科捜研の女スペシャル大型客船

スポンサーリンク

科捜研の女スペシャル大型客船

科捜研の女スペシャル狙われた大型客船!とは。

「科捜研の女スペシャルを狙われた大型客船!」は、テレビ朝日系列で2011年3月に放送された日本のテレビドラマです。人気推理ドラマ「科捜研の女」シリーズの単発スペシャル版で、沢口靖子、内藤剛志、田畑智子らが主演しています。

最新鋭客船を襲った謎の事件

最新鋭客船を襲った謎の事件

-最新鋭客船を襲った謎の事件-

豪華客船が航海中に突然、謎の爆発を起こし、大破した。乗客乗員は全員無事だったが、船内の美術品が盗まれたことが発覚。科捜研の女が事件の解明に乗り出す。

客船の爆発の原因は、船内に仕掛けられた爆弾によるものだった。爆弾は、船の機関室に設置されており、船が航海中に爆発するようにタイマーがセットされていた。爆弾の製造には、最新の技術が使用されており、科捜研の女も捜査に難航する。

捜査を進める中で、科捜研の女たちは、船内に盗まれた美術品が隠されていることを突き止める。美術品は、船の船長が所有しており、船長は美術品を盗んだ犯人を捜している。また、船長が美術品を盗んだ犯人を捜している。

科捜研の女たちは、船内をくまなく捜査し、ついに美術品を発見する。美術品は、船の倉庫に隠されており、犯人は美術品を盗んで船から逃走したことが判明する。

科捜研の女たちは、犯人の行方を追跡し、ついに犯人を逮捕する。犯人は、美術品を盗んで海外に売却しようとしていた。科捜研の女たちは、犯人を逮捕し、美術品を船長に返還した。

法科学を駆使して犯人を追う

法科学を駆使して犯人を追う

科捜研の女スペシャル大型客船「法科学を駆使して犯人を追う」

科捜研の女スペシャルでは、 大型客船を舞台に法科学を駆使して犯人を追う緊迫のストーリーが展開されました。

舞台は、豪華客船「クイーン・メリー号」。この客船で、乗客の一人が殺害される事件が発生します。事件の捜査を担当したのは、科捜研の女でおなじみの榊マリコたちです。

榊マリコたちは、被害者の死体の状況や、現場に残された証拠品を丹念に調査していきます。そして、犯人逮捕のため、最新の法科学技術を駆使して捜査を進めていきます。

榊マリコたちの捜査は、やがて、ある乗客にたどり着きます。この乗客は、被害者とトラブルを抱えており、犯行の動機を持っていました。

榊マリコたちは、この乗客を追い詰め、ついに逮捕に成功します。犯人は、自分の犯行を自供し、事件は解決します。

科捜研の女スペシャルでは、榊マリコたちの法科学の知識と技術が活かされた捜査が描かれていました。法科学の力を駆使することで、事件の真相を解明し、犯人を逮捕することができたのです。

衝撃のラスト

衝撃のラスト

「科捜研の女スペシャル大型客船」の衝撃のラストは、視聴者を震撼させました。主人公である榊マリコが、巨大客船の沈没事故の謎を解き明かそうと奮闘する中、意外な人物が犯人であることが判明しました。それは、事故の被害者であるはずの船長の息子でした。

息子の犯行動機は、父親が自分を捨てて新しい家族を作ったことへの復讐でした。彼は、船のエンジンを細工して沈没させ、父親と新しい家族を巻き添えにしようとしたのです。しかし、マリコの活躍によって彼の計画は阻止され、彼は逮捕されました。

この衝撃のラストは、視聴者に大きな衝撃を与えました。誰もが息子の犯行を予想していなかったため、意外性に驚いた人も多かったようです。また、息子の復讐心が切なく、涙を誘われた人もいたようです。

「科捜研の女スペシャル大型客船」の衝撃のラストは、まさに「衝撃」にふさわしいラストでした。視聴者に強く印象づけられ、忘れられないラストとなったのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました