大名行列:仕掛けと隠し絵がいっぱいの絵本

スポンサーリンク

大名行列:仕掛けと隠し絵がいっぱいの絵本

大名行列とは。

「大名行列」は、シゲリカツヒコさんが描いた絵本です。大きな藩主がお江戸へ向かう行列の様子をとても細かく描いた絵本です。絵の中には、仕掛けや隠し絵もあり、文字が読めない小さな子どもも楽しめるようになっています。2018年に発行され、第67回小学館児童出版文化賞を受賞しました。

大名行列とは?

大名行列とは?

-大名行列とは?-

大名行列とは、江戸時代に大名が参勤交代で江戸城に登城する際に、その家臣や供人たちを従えて行進する行列のことである。大名行列は、その壮大な規模と華麗な装飾で知られ、庶民にとっては憧れの的であった。

大名行列の起源は、戦国時代にまで遡る。戦国時代には、大名が領国を巡察したり、他の大名と会見したりする際に、家臣や供人たちを従えて行列を組んで行動することが多かった。江戸時代になると、参勤交代が制度化され、大名行列は江戸城への登城の際に欠かせないものとなった。

大名行列の規模は、大名の格式によって異なった。大名行列は、大名の格式によって、先頭から順に、先払、徒士組、槍隊、鉄砲隊、弓隊、中間、駕籠、馬、徒士、供回りなどから構成されていた。先払は、行列の先頭を行き、通行人や車両を排除する役割を担った。徒士組は、大名に随行する歩兵であり、槍隊、鉄砲隊、弓隊は、大名の警護を担当した。中間は、大名の身の回りの世話をする雑用係であり、駕籠は、大名が乗る輿である。馬には、大名やその家臣が乗っていた。徒士は、大名に随行する歩兵であり、供回りには、大名の家臣やその家族などが含まれていた。

大名行列は、その壮大な規模と華麗な装飾で知られていた。大名行列には、大名が乗る輿や馬、家臣や供人たちが着用する衣装、行列を彩る旗や提灯など、様々な装飾が施されていた。大名行列は、庶民にとっては憧れの的であり、大名行列を見るために、多くの人々が沿道に集まったという。

絵本に仕掛けられた仕掛け

絵本に仕掛けられた仕掛け

絵本に仕掛けられた仕掛け

大名行列の絵本には、さまざまな仕掛けが施されています。その仕掛けとは、絵本のページをめくると別のパターンが現れるというもので、だまし絵のような効果を生み出しています。例えば、大名の行列を見た子供が、その行列の後ろに隠された宝物を発見したり、行列の先頭にある駕籠の中から大名が飛び出してきたり、そのような仕掛けがされています。また、絵本のページの角度を変えると絵柄が変わる仕掛けもあります。例えば、絵本のページを傾けると、大名の行列が動き出したり、行列の先頭にある駕籠が別の場所に移ったり、そのような仕掛けがされています。これらの仕掛けは、子供たちの興味を引き付けて、絵本の世界に夢中になってもらうための工夫なのです。

隠し絵を探してみよう!

隠し絵を探してみよう!

さて、「隠し絵を探してみよう!」という小見出しに移りましょう。このセクションでは、大名行列の絵本のページに隠されたさまざまな隠し絵を探し出すことができます。たとえば、大名行列の行列の最後尾に隠れている小さな猫を探してみてはどうでしょうか。また、行列の先頭にある旗に描かれた鳥にも注目してみてください。さらに、木の上に隠れているリスや、川を泳いでいる魚もいるかもしれません。これらの隠し絵をすべて見つけることで、大名行列の絵本のページをさらに楽しむことができます。

タイトルとURLをコピーしました