「やぶへび」徹底解説!知られざる裏話

スポンサーリンク

「やぶへび」徹底解説!知られざる裏話

やぶへびとは。

「やぶへび」は大沢在昌が2010年に発表した長編ミステリー小説である。

「やぶへび」の登場人物とその生きざま

「やぶへび」の登場人物とその生きざま

「やぶへび」の登場人物とその生きざま

「やぶへび」の登場人物は、それぞれが複雑な背景を持ち、独自の生きざまを歩んでいます。主人公の霧島麗子(演長澤まさみ)は、大手銀行に勤めるキャリアウーマンで、仕事に対しては非常にストイックな性格です。しかし、その優秀さが仇となり、嫉妬や中傷にさらされることになります。

もう一人の主人公である藤崎悟(演岡田将生)は、大学卒業後、大手広告代理店に就職した新入社員です。藤崎は、仕事に対しては真面目で、誠実な性格ですが、その真面目さが裏目に出ることも少なくありません。

また、物語のキーパーソンとなるのが、霧島麗子の上司である榊原健太郎(演小日向文世)です。榊原は、霧島麗子に仕事を厳しく指導する一方で、彼女のことを気にかけている一面もあります。

この3人を中心に、物語は展開していきます。霧島麗子と藤崎悟は、仕事を通じて出会い、やがて惹かれ合っていきます。しかし、霧島麗子の過去が明らかになるにつれ、二人の関係は複雑なものになっていきます。

また、榊原健太郎は、霧島麗子と藤崎悟の恋愛を快く思っておらず、二人の関係を阻もうとします。物語は、霧島麗子、藤崎悟、榊原健太郎の三者三様の思惑が絡み合い、やがて思わぬ結末を迎えることになります。

「やぶへび」の製作秘話と舞台裏

「やぶへび」の製作秘話と舞台裏

「やぶへび」の製作秘話は、映画製作の舞台裏を垣間見ることができる、興味深いエピソードに満ちています。

まず、映画の脚本は、当初は全く異なる内容だったそうです。しかし、監督が脚本を読み込んでいくうちに、このストーリーでは物足りないと思い始めました。そこで、監督は脚本を大幅に書き直し、現在の形に仕上げました。

また、映画の撮影も、当初は予定通りに進まなかったそうです。撮影の途中で、主演俳優が怪我をしてしまい、しばらく撮影が中断せざるを得なくなりました。しかし、監督は粘り強く撮影を続け、なんとか映画を完成させることができました。

さらに、映画の公開後も、いくつかのトラブルがありました。映画が公開されると、一部の批評家から「つまらない」と酷評されました。また、映画の興行収入も、当初の予想を大きく下回りました。しかし、監督はくじけずに、映画の宣伝活動を続けました。その結果、映画は徐々に人気を集め、最終的にはヒット作となりました。

「やぶへび」の製作秘話は、映画製作の舞台裏には、さまざまなドラマがあることを教えてくれます。監督や俳優、スタッフたちの努力と情熱が、映画を完成させ、ヒット作へと導くのです。

タイトルとURLをコピーしました