「巣立ちの歌」「別れの歌」の歌詞や楽譜を解説

スポンサーリンク

「巣立ちの歌」「別れの歌」の歌詞や楽譜を解説

巣立ちの歌とは。

「巣立ちの歌」は、日本の唱歌の一つです。村野四郎が作詞し、岩河三郎が作曲しました。卒業式でよく歌われる曲です。

「巣立ちの歌」の歴史と背景

「巣立ちの歌」の歴史と背景

「巣立ちの歌」は、1962年に発表された合唱曲です。作詞は、西條八十、作曲は、木下牧子です。

この曲は、小学校の卒業式で歌われることが多く、別れの歌としても親しまれています。歌詞は、故郷や友達との別れを惜しみながらも、新たな旅立ちへの希望を歌っています。

この曲は、1962年にNHKのテレビ番組「みんなのうた」で紹介され、瞬く間に全国に広まりました。その後、多くの合唱団や歌手がこの曲を歌い、今では日本を代表する合唱曲のひとつとなっています。

この曲は、日本の美しい四季を背景に、故郷や友達との別れを惜しみながらも、新たな旅立ちへの希望を歌っています。歌詞は、シンプルでありながら、心に響くものがあり、多くの人々に愛されています。

この曲は、卒業式だけでなく、友人や家族との別れなど、さまざまな場面で歌われています。その歌詞は、人々に勇気と希望を与え、新しい門出を祝う歌として親しまれています。

歌詞の意味と解釈

歌詞の意味と解釈

-歌詞の意味と解釈-

「巣立ちの歌」「別れの歌」の歌詞は、旅立ちや別れをテーマに、青春時代の甘酸っぱさや切なさを表現しています。

1番の歌詞では、主人公が故郷を離れて旅立つ様子が描かれています。主人公は、新しい土地で新しい生活を始めることに不安を感じながらも、夢に向かって踏み出す決意を固めています。

2番の歌詞では、主人公が旅先で出会った人々との交流や、新しい生活に慣れ親しんでいく様子が描かれています。主人公は、次第に新しい生活に馴染んでいき、故郷を離れた寂しさも和らいでいきます。

3番の歌詞では、主人公が旅を終えて故郷に帰ってくる様子が描かれています。主人公は、故郷で家族や友人と再会し、旅先での出来事を話します。主人公は、旅を通して成長し、故郷をより愛するようになりました。

「巣立ちの歌」「別れの歌」は、旅立ちや別れをテーマに、青春時代の甘酸っぱさや切なさを表現した名曲です。歌詞は、旅立つ人や別れを経験した人々の心に響くことでしょう。

作曲家と作詞家の紹介

作曲家と作詞家の紹介

作曲家と作詞家の紹介

「巣立ちの歌」の作曲者は、高木東六氏です。高木氏は、1886年に東京で生まれ、音楽学校(現・東京藝術大学)を卒業後、音楽教師や作曲家として活躍しました。代表作には、「埴生の宿」、「朧月夜」などがあります。

「巣立ちの歌」の作詞者は、北原白秋氏です。北原氏は、1885年に広島県で生まれ、早稲田大学を卒業後、詩人や小説家として活躍しました。代表作には、「砂山」、「思ひ出」などがあります。

高木氏と北原氏は、早稲田大学在学中に知り合い、意気投合して「巣立ちの歌」を作りました。この曲は、1912年に発表され、すぐに全国に広まりました。そして、現在でも卒業式や旅立ちの場面で歌われています。

「巣立ちの歌」は、美しいメロディーと歌詞が特徴です。メロディーは、明るく前向きな雰囲気で、歌詞は、旅立ちへの決意と希望が込められています。この曲は、多くの人々に勇気を与え、感動を与えてきました。

タイトルとURLをコピーしました