「でたらめヒーロー」:ドタバタホームドラマ

スポンサーリンク

「でたらめヒーロー」:ドタバタホームドラマ

でたらめヒーローとは。

「でたらめヒーロー」は、2013年4月から6月まで日本テレビ系列で放送された、読売テレビ制作のホームドラマです。出演は、佐藤隆太、塚本高史、小日向文世などです。

愉快なキャラクターたちが織りなすホームドラマ

愉快なキャラクターたちが織りなすホームドラマ

愉快なキャラクターたちが織りなすホームドラマ

「でたらめヒーロー」は、ドタバタホームドラマです。愉快なキャラクターたちが織りなすホームドラマで、家族の絆や愛、そして笑いについて描かれています。

主人公は、デタラメな性格の父親であるデタラメ・ダディ。デタラメ・ダディは、いつも何かやらかして家族を困らせていますが、家族はそんなデタラメ・ダディを愛しています。

デタラメ・ダディの妻であるデタラメ・ママは、デタラメ・ダディに振り回されながらも、家族を支えるしっかりした女性です。デタラメ・ダディとデタラメ・ママの間には、デタラメ・ボーイとデタラメ・ガールという二人の子供がいます。

デタラメ・ボーイは、デタラメ・ダディに似てデタラメな性格ですが、正義感が強く優しい少年です。デタラメ・ガールは、デタラメ・ママに似てしっかりした性格ですが、ちょっとわがままなところもあります。

デタラメ一家は、いつも何か騒動を起こしていますが、家族の絆は強く、いつも助け合っています。デタラメ一家を描いた「でたらめヒーロー」は、家族の絆や愛、そして笑いの大切さを教えてくれるホームドラマです。

佐藤隆太主演のホームドラマ「でたらめヒーロー」

佐藤隆太主演のホームドラマ「でたらめヒーロー」

佐藤隆太主演のホームドラマ「でたらめヒーロー」は、2015年10月から12月までテレビ朝日系列で放送された日本のテレビドラマです。脚本は宮藤官九郎、演出は福田雄一が手がけました。

このドラマは、フリーターの主人公が、ある日突然、ヒーローになることを決意し、家族や友人の協力を得ながら、ヒーローとして悪と戦うというストーリーです。主人公を演じるのは佐藤隆太で、共演には有村架純、林遣都、松岡茉優、池松壮亮などが出演しています。

このドラマは、ヒーローものという設定ながらも、ホームドラマとしての要素が強く、家族や友人の絆が描かれています。また、佐藤隆太のコミカルな演技や、有村架純のキュートな演技など、キャストたちの魅力もこのドラマの見どころとなっています。

「でたらめヒーロー」は、ホームドラマとヒーローものの要素を融合させた意欲作として、多くの視聴者から好評を博しました。脚本家の宮藤官九郎と演出家の福田雄一のタッグによる、独特の世界観とテンポの良いギャグもこのドラマの魅力となっています。

ホームドラマ好きにはたまらない、笑いと涙の物語

ホームドラマ好きにはたまらない、笑いと涙の物語

「ホームドラマ好きにはたまらない、笑いと涙の物語」

「でたらめヒーロー」は、ドタバタホームドラマの王道を行く、ホームドラマ好きにはたまらない一作です。主人公の佐藤家は、父・母・長男・長女・次男の5人家族。一見どこにでもある普通の家庭ですが、この佐藤家にはひとクセもふたクセもあるクセ者ぞろい。

父・一郎は、会社では真面目なサラリーマンですが、家に帰ると途端にだらしない顔を見せる。毎日のように遅くまで仕事をして帰ってきては、ソファに寝転んでテレビばかり見ています。家事や育児には全く協力的ではなく、妻・花子にいつも怒られています。

母・花子は、気が強く口の悪い専業主婦。一郎とは正反対で、家事は完璧にこなし、子供たちの面倒もよく見ています。しかし、その一方でヒステリックな性格で、ちょっとしたことで怒鳴り散らします。子供たちは、花子の機嫌を損ねないようにいつも気を遣っています。

長男・太郎は、大学受験を控えた高校生。勉強はあまり得意ではなく、いつも成績は真ん中より下。しかし、スポーツは万能で、サッカー部に所属しています。性格は温厚で優しいですが、ちょっと間抜けなところがあります。

長女・花子は、太郎とは正反対のしっかり者。成績優秀で、生徒会長を務めています。性格はクールでサバサバしていますが、家族思いの一面も。

次男・二郎は、小学6年生。活発で元気な男の子ですが、ちょっとお調子者。いつもいたずらばかりしていて、兄姉や両親を困らせています。

このクセ者ぞろいの佐藤家が繰り広げるドタバタ劇は、笑いと涙の連続。ホームドラマ好きにはたまらない、心温まる物語です。

タイトルとURLをコピーしました