噺「山岡角兵衛」を深堀!

スポンサーリンク

噺「山岡角兵衛」を深堀!

山岡角兵衛とは。

山岡角兵衛は、古典落語の人気の演目であり、単に「角兵衛」や「角兵衛の女房」と呼ばれることもあります。

「山岡角兵衛」あらすじと見どころ

「山岡角兵衛」あらすじと見どころ

「山岡角兵衛」あらすじと見どころ

「山岡角兵衛」は、落語の演目の一つです。主人公の山岡角兵衛は、身分は旗本ながら町人の娘であるお園と駆け落ちし、離縁されてしまいます。その後、角兵衛はお園を身請けするべく、お金を貯めるために様々な苦労をします。

この演目の見どころは、角兵衛の男気と、お園との純愛です。角兵衛はお園を愛するあまり、身分を捨ててまで駆け落ちします。また、お園も角兵衛を愛しており、角兵衛が苦労している間も、ずっと彼を支え続けます。

「山岡角兵衛」は、男気と純愛を描いた落語の傑作です。ぜひ一度、この演目を聞いてみてはいかがでしょうか。

「山岡角兵衛」登場人物紹介

「山岡角兵衛」登場人物紹介

「山岡角兵衛」登場人物紹介

「山岡角兵衛」は、人情噺の定番である。その背景にあるのは、人情に厚くて心温かい主人公、山岡角兵衛である。義理堅く、世話好きな角兵衛は、誰からも愛されるキャラクターだ。そんな角兵衛を演じるのは、落語界の重鎮、桂米団治だ。米団治は、角兵衛の持つ人情味をたっぷりと表現し、人々を魅了している。

角兵衛の妻、お勝は、夫を支えるしっかり者の女性だ。角兵衛の仕事に理解があり、いつも温かく見守っている。そんなお勝を演じるのは、女優の藤純子だ。藤純子は、お勝の持つ強さと優しさを兼ね備えた演技で、見る者を感動させている。

角兵衛の娘、お蝶は、明るく活発な女の子だ。角兵衛とお勝を慕っており、家族仲良く暮らしている。そんなお蝶を演じるのは、女優の尾野真千子だ。尾野は、お蝶の持つ天真爛漫な魅力を存分に発揮し、見ている人を笑顔にしている。

角兵衛の親友、八五郎は、人情に厚い男だ。角兵衛とは兄弟のように仲良くしており、互いに助け合っている。そんな八五郎を演じるのは、俳優の柄本明だ。柄本は、八五郎の持つ義理堅さを巧みに表現し、人々を惹きつけている。

角兵衛の師匠、与兵衛は、落語界の大御所だ。角兵衛に落語のいろはを教えた人物であり、角兵衛にとって特別な存在である。そんな与兵衛を演じるのは、落語家の柳家小三治だ。小三治は、与兵衛の持つ貫禄と威厳を漂わせ、見ている人を圧倒している。

「山岡角兵衛」に込められた教訓

「山岡角兵衛」に込められた教訓

落語といえば日本の伝統芸能の一つであり、その中でも山岡角兵衛は、二代目三遊亭円歌が昭和20年に創作した古典落語の作品として知られています。人間の欲望の面白さと、それに振り回される愚かさをコミカルに描いた風刺的な噺です。この落語には、人生において大切な教訓が数多く込められています。

まず、一つ目の教訓は、欲望は人を盲目にするということです。山岡角兵衛は、大金持ちの大旦那でしたが、家が火事になって全財産を失ってしまいます。しかし、その後も彼は金儲けに執着し、様々な儲け話を信じては騙されてしまいます。この噺は、人間が欲望に振り回されて、周りが見えなくなってしまう愚かさを教えてくれます。

二つ目の教訓は、誠実さや地道な努力の大切さです。山岡角兵衛は大金の亡者と化してしまい、嘘やごまかしで儲け話を持ちかけ、人をだまそうとすることもありました。しかし、その結果、彼は仲間たちから見放され、一人ぼっちになってしまいます。この噺は、誠実さや地道な努力が、人生において大切なことを教えてくれます。

三つ目の教訓は、過ぎたるは及ばざるがごとしということです。山岡角兵衛は、金儲けに執着するあまり、家族や仲間たちをないがしろにしてしまいます。そして、最終的にはすべてを失ってしまいます。この噺は、欲張りすぎると、大切なものを失ってしまうことを教えてくれます。

タイトルとURLをコピーしました