名奉行遠山の金さん〈5〉の楽しみ方

スポンサーリンク

名奉行遠山の金さん〈5〉の楽しみ方

名奉行遠山の金さん〈5〉とは。

「名奉行 遠山の金さん5」は、1993年3月から12月までテレビ朝日系列で放送された日本のテレビドラマ。全31回。時代劇。脚本は小川英ほか、主題歌は松方弘樹。江戸町奉行・遠山金四郎の活躍を描く時代劇シリーズ「名奉行遠山の金さん」の第5作目。松方弘樹、池上季実子、石立鉄男らが出演した。

町奉行・遠山金四郎の活躍

町奉行・遠山金四郎の活躍

町奉行・遠山金四郎の活躍

遠山金四郎は、江戸時代中期に活躍した町奉行です。彼はその公正かつ厳格な裁きで庶民からの人気と信頼を集め、現在でも「名奉行」として知られています。

遠山金四郎は、宝永4年(1707年)に江戸に生まれました。父は遠山景元、母は松平近長の娘です。金四郎は、幼い頃から聡明且つ正義感の強い少年でした。

享保14年(1729年)、金四郎は23歳で町奉行となり、その後20年間にわたって江戸の治安維持に尽力しました。金四郎は、賄賂を一切受け取らず、常に公平な裁きを下しました。また、庶民の生活を第一に考え、様々な政策を実行しました。

金四郎は、町奉行として活躍する傍ら、俳諧や書道を嗜むなど、文化人としても知られていました。また、金四郎は、庶民との交流を大切にしており、町人や農民の話をよく聞きました。

金四郎は、安永7年(1778年)に72歳で亡くなりました。金四郎の死は、江戸の庶民に大きな悲しみを与えました。金四郎は、現在でも江戸を代表する名奉行として語り継がれています。

松方弘樹演じる遠山金四郎の魅力

松方弘樹演じる遠山金四郎の魅力

松方弘樹さんが演じる遠山金四郎の魅力は何と言っても、その人間味溢れるキャラクターでしょう。庶民に寄り添う姿、悪を許さない毅然とした態度、そして時に見せるユーモア溢れる一面など、様々な表情を見せる遠山金四郎は、まさに人間味溢れるキャラクターです。また、松方弘樹さんの演技もまた、遠山金四郎の魅力を引き出しています。松方弘樹さんの遠山金四郎は、威厳がありながらもどこか親しみやすい雰囲気があり、庶民からの人気を集めています。

タイトルとURLをコピーしました