映画「ちはやふる-下の句-」を徹底解説!

スポンサーリンク

映画「ちはやふる-下の句-」を徹底解説!

ちはやふる-下の句-とは。

『ちはやふる-下の句-』とは、末次由紀による同名コミックを実写化した、2016年の日本映画です。小泉徳宏が監督・脚本を務め、広瀬すず、野村周平、真剣佑が出演しています。

作品の魅力と見どころを徹底分析

作品の魅力と見どころを徹底分析

「ちはやふる-下の句-」は、末次由紀の同名漫画を原作にした映画で、2016年4月29日に公開されました。映画は、第1作「ちはやふる-上の句-」の続きであり、主人公の綾瀬千早が、かるた部を復活させ、全国大会出場を目指す姿を描いています。

映画の魅力は、なんといっても、千早たちかるた部メンバーの熱意と友情です。千早は、かるたが大好きで、全国大会出場という夢を諦めません。かるた部メンバーも、千早を支え、一緒に成長していきます。そんな彼らの姿は、見ている人たちに感動を与えてくれます。

また、映画の見どころは、迫力満点のかるた競技のシーンです。かるた競技のシーンは、臨場感たっぷりで、まるで自分がかるた競技に参加しているかのような気分になります。競技中に、千早たちかるた部メンバーが、必死に札を取ろうとする姿も、とても見応えがあります。

「ちはやふる-下の句-」は、熱意と友情、そして迫力満点のかるた競技が楽しめる、おすすめの映画です。まだ見ていない方は、ぜひ劇場に足を運んでみてください。

出演キャストの魅力と役柄を深掘り

出演キャストの魅力と役柄を深掘り

映画「ちはやふる-下の句-」は、末次由紀の漫画「ちはやふる」を原作とした人気映画シリーズの完結編です。この映画は、かるたに情熱を燃やす女子高生の綾瀬千早(広瀬すず)とその仲間たちが、全国大会を目指して奮闘する姿を描いています。

映画には、千早を演じる広瀬すずをはじめ、新田竜星(野村周平)、綿谷新(上白石萌音)、周防久志(佐野勇斗)、松尾芭蕉(森永悠希)など、魅力的なキャストが集結しています。

千早は、かるたに情熱を燃やす女子高生です。かるたの実力は全国でもトップクラスで、全国大会優勝を目標にしています。千早は、明るく前向きな性格で、仲間のことをいつも気にかけています。

新は、千早の幼なじみで、かるた部の部長です。新は、かるたの実力は千早に劣りますが、千早のことをいつも支えています。新は、温厚で優しい性格で、仲間のことをいつも大切にしており、仲間は新を信頼しています。

綿谷新は、新の妹で、千早のかるた部の仲間です。綿谷は、かるたの実力は千早に劣りますが、千早のことをいつも支えています。綿谷は、活発で明るい性格で、ムードメーカー的な存在です。

周防は、千早のかるた部の仲間です。周防は、かるたの実力は千早に劣りますが、千早のことをいつも支えています。周防は、クールで落ち着いた性格で、千早にアドバイスをすることも多いです。

松尾芭蕉は、千早のかるた部の仲間です。松尾は、かるたの実力は千早に劣りますが、千早のことをいつも支えています。松尾は、人懐っこい性格で、仲間のことをいつも大切にしています。

原作者・末次由紀の魅力と作品解説

原作者・末次由紀の魅力と作品解説

映画「ちはやふる-下の句-」は、末次由紀の同名漫画を原作とした実写映画です。2018年3月17日に公開され、興行収入は19億円を超えるヒットとなりました。

原作者である末次由紀は、1973年生まれの漫画家です。千葉県出身で、東京芸術大学美術学部を卒業しています。2000年に「ちはやふる」で第3回手塚治虫文化賞の新生賞を受賞し、2011年には同作で第6回マンガ大賞を受賞しています。

「ちはやふる」は、競技かるたを題材とした作品で、主人公の綾瀬千早が競技かるたの全国大会で優勝することを目指す物語です。2007年から2012年まで「別冊少年マガジン」で連載され、全49巻が発売されました。「ちはやふる」はアニメ化や実写映画化もされ、多くのファンを獲得しています。

末次由紀は、「ちはやふる」以外にも、「のだめカンタービレ」や「蜂蜜とクローバー」などの作品を発表しています。「のだめカンタービレ」は、クラシック音楽を題材とした作品で、2001年から2009年まで「Kiss」で連載されました。全23巻が発売され、2006年にはアニメ化、2009年には実写ドラマ化されました。

「蜂蜜とクローバー」は、美術大学を舞台にした作品で、2000年から2006年まで「フィール・ヤング」で連載されました。全10巻が発売され、2005年にはアニメ化、2006年には実写映画化されました。

タイトルとURLをコピーしました