映画ドラえもんのび太の宇宙開拓史徹底解説!

スポンサーリンク

映画ドラえもんのび太の宇宙開拓史徹底解説!

映画 ドラえもん のび太の宇宙開拓史とは。

1981年公開の劇場アニメ「ドラえもん のび太の宇宙開拓史」は、藤子・F・不二雄原作・脚本、西牧秀夫監督、シンエイ動画制作の作品です。大山のぶ代、小原乃梨子、野村道子、肝付兼太、たてかべ和也などの声優が出演し、テレビアニメ「ドラえもん」の劇場版第2作目となっています。

作品概要

作品概要

作品概要

「映画ドラえもんのび太の宇宙開拓史」は、1981年3月14日に公開された日本のアニメーション映画。藤子・F・不二雄の漫画「ドラえもん」を原作とし、第2作目のドラえもん映画作品である。監督は楠葉宏三、脚本は伊藤正美、作画監督は富永貞義、音楽は菊池俊輔。

本作は、のび太が宇宙開拓団の一員となって、惑星ピリカ星で開拓生活を送りながら、惑星の秘密を探るという物語。のび太は、ドラえもんや仲間たちと一緒にピリカ星で様々な困難に直面しながらも、最終的には惑星の秘密を解き明かして危機を救う。

本作は、子供たちに夢と希望を与える明るく楽しい作品であり、公開当時は大きなヒットを記録した。また、本作は、ドラえもん映画シリーズの中でも特に人気が高く、現在も多くのファンに愛されている。

登場人物紹介

登場人物紹介

-登場人物紹介-

* -ドラえもん- – 空を飛んだり、どこでもドアでどこへでも行けたり、何でもできる万能猫型ロボット。のび太の親友であり、いつも彼を助けてくれる。
* -のび太- – 小学5年生の少年。怠け者で勉強も運動も苦手だが、心優しい性格。ドラえもんの助けを借りて、さまざまな冒険を繰り広げる。
* -しずか- – のび太のクラスメイトで、のび太のことが好きな女の子。優しくておしとやかで、のび太をいつも助けてくれる。
* -ジャイアン- – のび太と同じクラスの少年。力持ちで乱暴者だが、根は優しい。のび太をいじめることが多いが、いざというときは助けてくれることも。
* -スネ夫- – のび太と同じクラスの少年。裕福な家庭に育ち、プライドが高い。のび太をバカにしていじめることが多いが、のび太のことが嫌いなわけではない。
* -デキシー- – 宇宙開拓史に登場する宇宙人の少女。のび太たちと出会い、彼らと仲良くなる。

あらすじ

あらすじ

「あらすじ」

ドラえもんたちは、空き地で遊んでいると、助けを求めている宇宙人の声を聞く。宇宙人の名前は、ルリィ。ルリィの星は、凶悪な宇宙人・ギルモア将軍率いる宇宙軍団に侵略され、ギルモア将軍によって200年後に滅ぼされてしまうのだという。そこで、ドラえもんたちはルリィと一緒に、ギルモア将軍の野望を阻止するために、200年後の未来を目指す。

200年後の未来では、ギルモア将軍は星を支配し、宇宙人たちは奴隷として扱われていた。ドラえもんたちはギルモア将軍の城を攻撃し、ルリィの星を救うために戦う。ドラえもんたちの活躍で、ギルモア将軍は倒され、ルリィの星は救われる。ルリィはドラえもんたちに感謝し、ドラえもんたちは再び現代に戻る。

タイトルとURLをコピーしました