ドラゴン桜を映像と漫画両方から徹底解説!

スポンサーリンク

ドラゴン桜を映像と漫画両方から徹底解説!

ドラゴン桜とは。

ドラゴン桜とは、

①三田紀房さんが描いた漫画です。元暴走族の弁護士が倒産寸前の高校を再建するため、学生たちを東大合格に導こうと奮闘する物語です。2003年から2007年までモーニング誌に連載され、全21巻が講談社モーニングKCから出版されました。第29回(2005年)講談社漫画賞一般部門、第9回(2005年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞しています。2018年~2021年には、10年後を描いた続編「ドラゴン桜2」が連載されました。

②漫画を原作とした日本のテレビドラマです。2005年7月から9月までTBS系列で放送されました。全11回です。脚本は秦建日子さん、音楽は仲西匡さん、出演は阿部寛、長谷川京子、山下智久、長澤まさみほかの俳優さんらです。落ちこぼれの高校生たちが、元暴走族でありながら三流弁護士でもある教師とともに東大合格を目指して奮闘する物語です。

③韓国で制作されたテレビドラマです。2010年1月に放映が始まり、全16話です。出演者はキム・スロ、ペ・ドゥナ、オ・ユナほかの俳優さんらです。漫画を翻案してドラマ化した作品であり、別題は「勉強の神」です。

④漫画を原作とした日本のテレビドラマです。2021年4月から6月までTBS系列で放送されました。全10回です。脚本はオークラ、李正美、小山正太さん、出演は阿部寛、長澤まさみ、江口のりこほかの俳優さんらです。ドラマ②の15年後を描いた物語です。

ドラゴン桜のあらすじと登場人物紹介

ドラゴン桜のあらすじと登場人物紹介

ドラゴン桜のあらすじと登場人物紹介

ドラゴン桜は、三田紀房による日本の漫画作品。2003年から2007年まで講談社「モーニング」で連載された。2005年にはTBS系列でテレビドラマ化され、2018年には続編のテレビドラマが放送された。

物語は、東京都にある私立桜高に赴任した元暴走族の弁護士・桜木建二が、偏差値30から東大受験を目指す問題児たちを率いて東大合格を目指すという内容。

主人公の桜木建二は、元暴走族の弁護士。東大法学部を卒業後、大手法律事務所に就職したが、後に独立して自分の事務所を設立する。ある日、桜木は私立桜高に赴任し、東大受験を目指す問題児たちを指導することになる。

桜木の指導のもと、桜高の生徒たちは東大受験に向けて勉強を始める。しかし、彼らにはさまざまな困難が待ち受けていた。東大受験を目指す他の高校の生徒たちとの競争、保護者や教師からのプレッシャー、そして自分自身との戦い。それでも、桜木と生徒たちは諦めずに東大受験を目指して努力を続ける。

そして、ついに東大受験当日がやってくる。桜木と生徒たちは、これまでの努力の成果を発揮するために東大受験に挑む。果たして、彼らは東大合格を果たすことができるのか。

ドラゴン桜の原作とドラマの違い

ドラゴン桜の原作とドラマの違い

ドラゴン桜の原作とドラマの違い

ドラゴン桜の原作は2003年から2007年まで週刊モーニングで連載された三田紀房による漫画作品です。ドラゴン桜のドラマは2005年にTBSで放送されたテレビドラマで、原作をベースにしています。ドラマでは原作と異なる点があり、キャラクターの設定やストーリーが変更されています。

ドラマでは、主人公の桜木建二の年齢が原作より10歳若く設定されており、25歳になっています。また、原作では桜木は弁護士ですが、ドラマでは弁護士ではなく、元暴走族のリーダーです。さらに、ドラマでは桜木が東大合格を目指す生徒たちを指導する「ドラゴン桜」という塾を設立しますが、原作では桜木は「ドラゴン桜」という塾を設立しません。

また、ドラマでは生徒たちのキャラクターも原作と異なる点があります。例えば、原作では東大合格を目指す生徒たちは全員が優秀な成績ですが、ドラマでは東大合格を目指す生徒の中には成績の悪い生徒もいます。さらに、ドラマでは生徒たちの恋愛模様も描かれていますが、原作では生徒たちの恋愛模様は描かれていません。

ドラマでは、ストーリーも原作と異なる点があります。例えば、ドラマでは桜木が東大合格を目指す生徒たちを指導する過程で、彼らの人生に大きな影響を与える出来事が起こります。また、ドラマでは桜木が東大合格を目指す生徒たちと対立するキャラクターが登場しますが、原作では桜木が東大合格を目指す生徒たちと対立するキャラクターは登場しません。

このように、ドラマでは原作と異なる点があり、キャラクターの設定やストーリーが変更されています。そのため、原作とドラマでは異なる楽しみ方をすることができます。

ドラゴン桜の成功の秘訣

ドラゴン桜の成功の秘訣

ドラゴン桜の成功の秘訣

「ドラゴン桜」が成功した理由はいくつかあります。まず、原作の漫画が人気のあったことです。ドラゴン桜は、三田紀房氏が2003年から2007年まで「モーニング」で連載し、累計発行部数5000万部を超える大ヒット漫画です。原作のファンも多く、実写ドラマ化が決定した際には大きな話題を呼びました。

また、ドラマのキャストが豪華だったことも成功の要因の一つです。主演の阿部寛をはじめ、長澤まさみ、新垣結衣、小池徹平、山下智久など、人気俳優が出演していました。キャストの演技も好評で、原作の世界観を忠実に再現していました。

さらに、ドラマのストーリーが面白かったことも成功の要因です。ドラゴン桜は、落ちこぼれ高校生の桜木建二が、弁護士の龍山桜の指導の下で東大を目指すというストーリーです。桜木建二の奮闘や、龍山桜のカリスマ性に視聴者は魅了されました。

また、ドラマの演出も秀逸でした。ドラゴン桜は、テンポの良い展開や、効果的な音楽の使い方などで、視聴者を飽きさせませんでした。また、ドラマの脚本も原作に忠実で、原作のファンも満足できる内容でした。

以上の理由により、ドラゴン桜は成功を収めることができました。ドラマは2期にわたって放送され、映画化もされました。ドラゴン桜は、日本のドラマ史に残る名作として、今もなお多くの人々に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました