まどろみ消去 → 森博嗣のミステリー短編集の解説

スポンサーリンク

まどろみ消去 → 森博嗣のミステリー短編集の解説

まどろみ消去とは。

「まどろみ消去」は、森博嗣さん作のミステリー短編集で、1997年に出版されました。

作品の概要と特徴

作品の概要と特徴

森博嗣のミステリー短編集「まどろみ消去」は、2002年に講談社ノベルスから刊行されました。全11編の短編が収録されており、それぞれが独立した物語ながら、共通するテーマやモチーフで構成されています。

「まどろみ消去」というタイトルは、ある事件の容疑者である男が、事件の真相を解明するために、自分の記憶を消去する行為を指しています。この行為は、事件の記憶を消すことで、事件を解決するヒントを得ようとするというものです。

「まどろみ消去」は、森博嗣のミステリー小説の特徴である、緻密な論理構成と巧みなストーリー展開が光る作品です。また、短編形式ということもあり、テンポよく読み進めることができます。

「まどろみ消去」は、ミステリー小説ファンはもちろん、森博嗣の作品を初めて読む人にもおすすめの作品です。

収録されている短編小説の魅力

収録されている短編小説の魅力

森博嗣のミステリー短編集である「まどろみ消去」には、珠玉の短編小説が7編収録されている。そのいずれもが、森博嗣の卓越したミステリー作家の力量を示しており、読者を魅了してやまない。

収録されている短編小説の魅力は、まずそのストーリーテリングの巧みさにある。森博嗣は、無駄のない簡潔な文体で、物語をスピーディーかつテンポ良く展開していく。読者は、ページをめくる手が止まらなくなり、一気に読み進めてしまう。

また、収録されている短編小説は、いずれも意外性のある結末が用意されている。読者は、物語を読み進めるにつれて、様々な推理を巡らせることになるが、そのほとんどが裏切られることになる。森博嗣は、読者の予想を巧みに操り、最後まで読者を飽きさせることなく、楽しませることに成功している。

さらに、収録されている短編小説は、どれも人間心理を鋭く描いたものである。森博嗣は、登場人物一人ひとりの性格や内面を、細やかに描写している。読者は、登場人物たちに共感したり、反発したりしながら、物語に没頭していくことになる。

「まどろみ消去」は、ミステリーファン必読の短編集である。収録されている短編小説の魅力は、そのストーリーテリングの巧みさ、意外性のある結末、そして人間心理の鋭い描写にある。読者は、この短編集を読めば、森博嗣のミステリー作家の力量を改めて実感することになるだろう。

ミステリーとしての深みと意外性

ミステリーとしての深みと意外性

まどろみ消去 → 森博嗣のミステリー短編集の解説

ミステリーとしての深みと意外性

 森博嗣のミステリー短編集『まどろみ消去』は、表題作の「まどろみ消去」をはじめ、全11編が収録されている。いずれも、日常の何気ない出来事をきっかけに、不可思議な事件が起こるという、ミステリーらしいミステリーばかりだ。

 森博嗣のミステリーの魅力は、なんといってもその深みと意外性にある。表題作の「まどろみ消去」では、主人公が自分の部屋で目覚めると、部屋のドアが消えてなくなっていることに気づく。しかも、外に出ると、誰もいない。主人公は、自分が一人ぼっちになったのか、それとも何かが起こったのか、戸惑いながら街をさまよっていく。

 物語は、主人公が街をさまようにつれて、次第に不可解な事件が起こっていく。建物が突然消えてなくなったり、時間が飛んだり、人が突然死んだりする。主人公は、自分が狂ってしまったのか、それとも本当に何かが起こっているのか、判断がつかなくなっていく。

 そして、ついに主人公は、すべての謎が明かされることになる。そのとき明かされる真実とは、意外なものであり、読者はきっと驚くだろう。森博嗣のミステリーは、最後まで読者を飽きさせない、まさにミステリーらしさにあふれた作品なのだ。

タイトルとURLをコピーしました