額賀澪のデビュー作「ヒトリコ」の魅力とは?

スポンサーリンク

額賀澪のデビュー作「ヒトリコ」の魅力とは?

ヒトリコとは。

「ヒトリコ」は額賀澪が書いた長編小説です。2015年に第16回小学館文庫小説賞を受賞し、それが彼女のデビュー作となりました。同年に刊行されました。著者は、この賞を受賞してから2週間後に、「屋上のウインドノーツ」で第22回松本清張賞も受賞し、話題となりました。

「ヒトリコ」とはどんな小説か?

「ヒトリコ」とはどんな小説か?

「ヒトリコ」とは、額賀澪のデビュー作である。2021年に刊行され、たちまちベストセラーとなった。この小説は、地方都市に住む女子高生である主人公の「花」が、ある日突然、両親が消えてしまったことから始まる。花は、残された家で一人暮らしを始め、謎を追ううちに、両親の秘密とこの世界の真実を知っていくという物語である。

「ヒトリコ」の魅力は、なんといってもその独創的な世界観である。物語の舞台となる町は、一見すると平和だが、その裏には様々な秘密が隠されている。花が両親の秘密を探っていくうちに、町に隠された驚愕の真実が明らかになっていく。また、花を取り巻くキャラクターたちも魅力的である。花を支える友人たち、花に敵対する謎の組織など、個性豊かなキャラクターたちが物語を盛り上げる。

「ヒトリコ」は、ミステリー、サスペンス、ホラーなど、様々な要素が巧みに融合された作品である。読者は、花と一緒に謎を追うことで、まるで自分が物語の中にいるかのような没入感を得ることができる。また、花を取り巻くキャラクターたちの人間ドラマにも注目である。花は、両親の秘密を知り、この世界の真実を目の当たりにすることで、大きく成長していく。

「ヒトリコ」の魅力を解説!

「ヒトリコ」の魅力を解説!

-「ヒトリコ」の魅力を解説!-

額賀澪のデビュー作「ヒトリコ」は、2021年に刊行され、瞬く間にベストセラーとなりました。その魅力は、何といっても主人公・ヒトリコの強さと優しさです。ヒトリコは、幼い頃から家族に虐待され、学校ではいじめられていました。しかし、彼女は決して屈することなく、強く生き抜いていきました。また、ヒトリコは、他人を思いやる優しさも持っています。彼女は、いじめに遭っている同級生を助けたり、ホームレスの男性に食べ物を分け与えたりします。そんなヒトリコの姿に、読者は胸を打たれ、勇気をもらいます。

「ヒトリコ」の魅力は、主人公のヒトリコだけではありません。作中には、ヒトリコを支える個性豊かなキャラクターがたくさん登場します。例えば、ヒトリコを助けてくれる教師の加賀谷先生や、ヒトリコと仲良くなる同級生のユウヤなどです。彼らもまた、ヒトリコと同じように、強く生き抜いていく姿が描かれています。読者は、彼らの人生に共感し、エールを送ることでしょう。

「ヒトリコ」は、読む人の心に勇気と希望を与える小説です。ぜひ、多くの人に読んでいただきたい一冊です。

「ヒトリコ」が描こうとしたテーマとは?

「ヒトリコ」が描こうとしたテーマとは?

「ヒトリコ」は、孤独な少女が自分の居場所を探していく物語です。主人公の少女は、両親が離婚し、母親が再婚したことで、新しい家族と暮らすことになります。しかし、彼女は新しい家族になじめず、孤独を感じてしまいます。そんなある日、彼女は不思議な生物「ヒトリコ」と出会い、彼と一緒に冒険を始めます。冒険の中で、彼女は自分の居場所を見つけることができ、孤独から解放されます。

「ヒトリコ」が描こうとしたテーマは、孤独です。孤独は、誰もが経験する感情であり、特に思春期には孤独を感じやすいと言われています。思春期は、身体的にも精神的にも大きな変化が起こる時期であり、自分の居場所を見つけることに苦労する人も少なくありません。「ヒトリコ」は、そんな孤独な思春期を描いた物語です。主人公の少女は、孤独を感じていますが、決して諦めません。彼女は、自分の居場所を見つけるために、冒険を始めます。冒険の中で、彼女は自分を受け入れてくれる人々と出会い、孤独から解放されます。「ヒトリコ」は、孤独な思春期を描いた物語ですが、同時に、孤独を乗り越えていく物語でもあります。

タイトルとURLをコピーしました