いがらしみきおの漫画『I【アイ】』の魅力

スポンサーリンク

いがらしみきおの漫画『I【アイ】』の魅力

I【アイ】とは。

「I【アイ】」は、いがらしみきお氏が描いた漫画作品です。この作品は、東北の土地を舞台に、生と死の意味を問うものです。『IKKI』2010年8月号から2013年8月号まで連載され、小学館IKKICOMIXから全3巻が出版されました。

『I【アイ】』とは?

『I【アイ】』とは?

『I【アイ】』は、いがらしみきお氏による日本の少年漫画作品です。1968年から1969年まで『週刊少年マガジン』(講談社)に連載されました。

物語の舞台は、西暦2001年の東京。コンピューターが高度に発達した世界で、主人公の「アイ」は、最新型の人工知能を搭載したアンドロイドです。アイは、人間と同じように感情を持つことができますが、人間ではないという理由から、差別や偏見にさらされています。

しかし、アイは、人間とアンドロイドの共存を目指して、さまざまな困難に立ち向かっていきます。アイのひたむきな姿は、読者の心を打つこと間違いなしです。

『I【アイ】』は、人間とアンドロイドの共存というテーマを扱った、先見性のある作品です。また、アイのひたむきな姿は、読者の心を打つことでしょう。

『I【アイ】』の世界観

『I【アイ】』の世界観

「I【アイ】」の世界観は、現代社会を舞台に、様々な人間模様が描かれています。主人公であるアイは、16歳の女子高生。どこにでもいる普通の女の子ですが、ある日、不思議な少年・コウに出会ったことで、彼女の日常は一変します。コウは、アイに「あなたには特別な力がある」と告げ、彼女の潜在能力を引き出していきます。

アイは、コウの導きのもと、自分の力を使って人々を助けるようになります。しかし、彼女の力には裏があり、使うたびに彼女の命が削られていきます。アイは、自分の命と引き換えに、人々を救うという決断を下すことになります。

「I【アイ】」の世界は、現実と非現実が入り混じった不思議な世界です。アイが持つ力も、科学では説明できないものです。しかし、そんな非現実的な世界の中で、アイの悩みや葛藤は、とてもリアルに描かれています。読者は、アイの生き方に共感し、彼女の成長を見守るようになります。

『I【アイ】』の登場人物

『I【アイ】』の登場人物

『I【アイ】』は、いがらしみきおが小学館の少女向け漫画雑誌「ちゃお」1985年1月号から1990年10月号まで連載した少女漫画です。

1978年に発表された読み切り作品「ストーブが欲しい」の続編(大人の女性の主人公になったストーリー)で、単行本16巻、文庫版8巻、完全版6巻が発行されています。

当時中学1年生だった主人公の、家族関係や友人関係、恋愛などを通じて成長していく姿を描いた作品で、多くの読者の共感を呼びました。

『I【アイ】』の登場人物は、主人公のアイとその家族、友人、恋人の拓海を中心に、様々なキャラクターが登場します。

アイは、明るく前向きな性格で、友達思いの優しい女の子です。

拓海は、アイの同級生で、バスケットボール部のエースです。

アイの家族は、父、母、弟の4人暮らしで、アイは両親や弟と仲良く暮らしています。

アイの友人には、親友のさちこ、ボーイフレンドの拓海、妹分のちひろなどがいます。

『I【アイ】』は、アイと拓海の恋愛を中心に、様々な人間関係を描いた作品で、多くの人々に共感と感動を与えた名作です。

タイトルとURLをコピーしました