「コールガール」を読み解く

スポンサーリンク

「コールガール」を読み解く

コールガールとは。

「コールガール」は、森村誠一作のハラハラドキドキする長編サスペンス小説で、2003年に出版されました。

物語のあらすじ

物語のあらすじ

物語のあらすじ

「コールガール」は、1950年代の東京を舞台に、コールガールとして働きながら、幸せな人生を求める若い女性、リリーを描いた物語です。リリーは、貧しい家庭に生まれ、早くに両親を亡くし、孤児院で育ちます。16歳の時、リリーはコールガールとして働き始め、その美貌と愛想の良さで、たちまち人気者になります。

リリーは、コールガールとして働きながら、大学に通い、将来の夢を追い求めます。しかし、コールガールという仕事は、社会的に軽蔑されており、リリーは常に偏見や差別を受け続けます。それでも、リリーは決してあきらめず、自分の力で幸せな人生を手に入れようと努力します。

ある日、リリーは、裕福な実業家、高倉と出会います。高倉は、リリーに一目惚れし、彼女を愛人にすることを提案します。リリーは、高倉の申し出を受け入れ、彼と愛人関係になります。しかし、リリーは、高倉と愛し合う一方で、コールガールとしての仕事も続けています。

リリーは、コールガールとして働きながら、高倉と愛し合い、幸せな生活を送っています。しかし、ある日、高倉の妻が、リリーと高倉の関係を知ってしまいます。高倉の妻は、リリーを激しく非難し、高倉に離婚を迫ります。高倉は、妻との離婚を拒否し、リリーとの関係を続けます。

しかし、高倉の妻は、リリーを許すことができず、リリーに復讐することを決意します。高倉の妻は、リリーを警察に通報し、リリーは逮捕されてしまいます。リリーは、売春容疑で起訴され、懲役刑を言い渡されます。

リリーは、刑務所で服役しますが、彼女は決してあきらめず、出所後もコールガールとして働き続けます。リリーは、コールガールとして働きながら、自分の力で幸せな人生を手に入れようと努力し続けます。

作中で描かれる社会問題

作中で描かれる社会問題

作中で描かれる社会問題

「コールガール」は、社会問題を巧みに取り上げ、読者に考えさせる作品です。その中でも最も重要な社会問題は、貧困と格差です。作中の主人公であるサチコは、貧しい家庭に生まれ、コールガールとして働いています。彼女は、お金のために体を売らざるを得ない状況に追い込まれており、社会の底辺で生きる人々の苦しみをリアルに描いています。

また、「コールガール」では、女性差別や性暴力の問題も取り上げられています。サチコは、男性から何度も暴力を振るわれており、女性が社会の中でいかに弱い立場にあるかを訴えています。また、作中には、サチコが男性から「コールガール」として扱われるシーンが数多く登場し、女性が商品のように扱われている現状を浮き彫りにしています。

「コールガール」は、貧困、格差、女性差別、性暴力など、現代社会が抱えるさまざまな社会問題をリアルに描いた作品です。読者は、サチコの物語を通して、これらの社会問題について考えさせられ、社会を変えるための行動を起こすきっかけとなるでしょう。

読者の感想と評価

読者の感想と評価

読者の感想と評価

「コールガール」に対する読者の感想は、賛否両論に分かれている。ある読者は、この小説が同時代社会の現実を鋭く描いていると評価する一方、別の読者は、この小説の主人公である女性の描写が性差別的であると批判している。また、この小説の文体についても意見が分かれており、ある読者はその簡潔な文体が小説のテーマを効果的に表現していると評価する一方、別の読者はその淡々とした文体が感情移入を妨げていると批判している。

「コールガール」は、1977年に芥川賞を受賞した。この小説は「現代社会の女性たちの生き様をリアルに描いた傑作」として高く評価された。しかし、同時に、この小説の主人公である女性の描写が性差別的であるという批判も受けた。

「コールガール」が性差別的かどうかについては、さまざまな意見がある。ある人は、この小説が女性を性的な対象として描写しているため、性差別的であると主張する。また、ある人は、この小説が女性を経済的に弱い立場にある存在として描写しているため、性差別的であると主張する。しかし、この小説が女性を性差別的に描写しているわけではないと主張する人もいる。

「コールガール」が性差別的かどうかについては、今後もさまざまな議論が続くだろう。しかし、この小説が現代社会の女性たちの生き様をリアルに描いた傑作であることは間違いないだろう。

タイトルとURLをコピーしました