「くもの巣」の世界観と魅力

スポンサーリンク

「くもの巣」の世界観と魅力

くもの巣とは。

くもの巣は、イギリスの作家ニコラス・ブレイクによる1956年のミステリー小説です。原題は「DeathandDaisyBland」で、アメリカでは「ATangledWeb」というタイトルで出版されました。

ニコラス・ブレイク作『くもの巣』の魅力

ニコラス・ブレイク作『くもの巣』の魅力

ニコラス・ブレイク作『くもの巣』の魅力

ニコラス・ブレイクは、イギリスの推理作家である。本名はセシル・デイ=ルイス。詩人としても知られる。

『くもの巣』は、ブレイクの代表作のひとつであり、1947年に発表された。

本作は、主人公のヘレン・ロジャースが、ある日突然、自分の家の中が知らない男たちに占拠されていることに気づくところから始まる。

男たちは、ヘレンの夫を殺害し、ヘレンを誘拐しようとする。

ヘレンは、必死で逃げ出し、警察に助けを求める。

しかし、警察は、ヘレンの話を信じない。

ヘレンは、一人で真相を探ろうとするが、男たちは、常にヘレンのあとを追ってくる。

ヘレンは、次第に追い詰められていく。

そんな中、ヘレンは、男たちの正体を突き止める。

男たちは、ヘレンの夫が開発した秘密兵器を狙っていたのだった。

ヘレンは、男たちの計画を阻止するため、孤軍奮闘する。

そして、ついに、男たちを倒し、秘密兵器を守り抜く。

『くもの巣』は、サスペンスフルな展開と、意外な結末が魅力である。

また、本作は、戦後のイギリス社会の闇を描いた作品としても知られている。

本作は、1982年に、テレビドラマ化されている。

英国ミステリーの金字塔『くもの巣』

英国ミステリーの金字塔『くもの巣』

英国ミステリーの金字塔『くもの巣』

アガサ・クリスティ作『くもの巣』は、英国ミステリーの傑作として文学史に名を残す作品です。1948年に発表され、以来世界中で愛され続けています。舞台はイングランドの田舎、エセックス州の海辺の町。そこにある美しい古城アガサ・クリスティ・ホームステッドを所有するウェントワース卿とクレア夫人の元に、クレアの友人で元諜報員のオリビア・ブロードベントが突然やってきます。オリビアは、ソ連のスパイが英国に潜入するのを阻止するため、ウェントワース卿の協力を求めます。最初は渋っていたウェントワース卿ですが、オリビアの説得に負け、協力することにします。

そして、オリビアとともにソ連のスパイを探し始めるのですが、次第に奇妙な事件が連続的に起こり、ウェントワース卿とオリビアの命が狙われる状態に追い込まれていきます。そんな中、ウェントワース卿の妻であるクレア夫人が殺害されてしまいます。ウェントワース卿とオリビアは、クレア夫人の殺害事件の謎を解くため、調査を進めていきます。そして、ついにソ連のスパイであるクロード・アムステルダムを追い詰めます。アムステルダムは、ウェントワース卿とオリビアを罠にかけて殺害しようとするのですが、オリビアの機転により、アムステルダムは逮捕され、事件は解決に向かいます。

『くもの巣』の魅力は、何と言ってもその複雑かつ巧妙なストーリー展開にあります。アガサ・クリスティは、読者を最後までハラハラドキドキさせるような展開を巧みに作り上げ、読者を最後まで飽きさせません。また、登場するキャラクターも魅力的で、ウェントワース卿の知性と勇気、オリビアの大胆さと機転、そして、クレア夫人の美しさは、読者を虜にします。さらに、『くもの巣』は、英国の田舎の美しい風景と、古城の荘厳な雰囲気を巧みに描いた作品でもあります。アガサ・クリスティは、読者に英国の田園風景と古城の荘厳な雰囲気を余すところなく伝えてくれます。

映像化された『くもの巣』

映像化された『くもの巣』

映像化された『くもの巣』

アガサ・クリスティの小説『くもの巣』は、1982年と2018年に2度映像化されている。1982年の映画版は、ローレンス・オリヴィエ、ナターシャ・リチャードソン、ティモシー・ダルトンが出演した。2018年のテレビドラマ版は、アレクサンドラ・ドリン、アーチャー・エヴァンス、チャールズ・ダンスが出演した。

どちらの映像化も、小説の主要なプロットを忠実に再現している。しかし、それぞれに独自の解釈や演出が加えられており、異なる魅力を持っている。

1982年の映画版は、ゴシック調の雰囲気を醸し出した豪華な映像と、オリヴィエ演じるエルキュール・ポアロの圧倒的な存在感が印象的である。また、小説にはないオリジナルのシーンやキャラクターも登場し、映画独自の展開が楽しめる。

2018年のテレビドラマ版は、より現代的な解釈が加えられている。ポアロを演じたアレクサンドラ・ドリンは、小説のポアロよりも若い世代の女性として描かれ、軽快でコミカルな演技が魅力的である。また、原作では語られないポアロの過去も明かされ、より人間味のあるキャラクターとして描かれている。

どちらの映像化も、アガサ・クリスティの原作の魅力を十分に引き出しており、ミステリーファン必見の傑作となっている。

タイトルとURLをコピーしました