「PSYCHO-PASS サイコパス2」の世界観を考察

スポンサーリンク

「PSYCHO-PASS サイコパス2」の世界観を考察

PSYCHO-PASS サイコパス2とは。

「PSYCHO-PASS サイコパス2」は、フジテレビ系列で2014年10月から12月まで放映された日本のテレビアニメです。2012年から2013年に放映されたSF刑事アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」の続編です。制作はタツノコプロ、監督は塩谷直義、声の出演は花澤香菜、佐倉綾音、藤原啓治などです。

シビュラシステムとは何か?

シビュラシステムとは何か?

「シビュラシステムとは何か?」の段落

シビュラシステムとは、22世紀の日本において、犯罪を防ぐために導入された広範囲にわたる監視システムです。このシステムは、人間の精神状態や潜在的な犯罪性などを分析し、監視するものです。シビュラシステムによって、犯罪が起こる前に潜在的な犯罪者を特定し、逮捕することが可能となり、犯罪率を大幅に減少させることができました。

しかし、シビュラシステムには、いくつかの問題点も指摘されています。まず、このシステムは、個人の自由を制限し、プライバシーを侵害するものです。また、シビュラシステムは、犯罪者を特定する際に、必ずしも公平な判断を下すことができず、冤罪を生み出す可能性もあるのです。

シビュラシステムは、犯罪を防ぐために有効なシステムですが、同時に、いくつかの問題点も抱えています。このシステムの導入については、賛否両論があり、議論が続いています。

人間の心理状態を可視化する「ドミネーター」とは?

人間の心理状態を可視化する「ドミネーター」とは?

人間の心理状態を可視化する「ドミネーター」とは?

「PSYCHO-PASS サイコパス2」の世界では、人間の心理状態を数値化し、可視化する「ドミネーター」という装置が存在します。ドミネーターは、人間の脳波や心拍数などから、その人の精神状態を分析し、犯罪係数と呼ばれる数値を算出します。犯罪係数は、その人が犯罪を犯す可能性を表す数値であり、一定の数値を超えると、その人は潜在犯として逮捕されることになります。

ドミネーターは、犯罪の予防と治安の維持のために使用されていますが、その一方で、人間の自由やプライバシーを侵害する装置として批判されることもあります。また、ドミネーターの測定結果は必ずしも正確ではないと言われており、冤罪を生み出す可能性もあるとして懸念されています。

しかし、ドミネーターは、人間の心理状態を可視化する画期的な装置でもあります。ドミネーターのおかげで、人間の精神状態をより深く理解することができ、犯罪の予防や治療に役立てることができるようになりました。ドミネーターは、人間の心理状態を可視化することで、私たちの社会をより安全で住みやすい場所にするために役立っています。

「PSYCHO-PASS サイコパス2」の物語は?

「PSYCHO-PASS サイコパス2」の物語は?

「PSYCHO-PASS サイコパス2」の物語は、「PSYCHO-PASS サイコパス」の1年後から始まります。常守朱は公安局刑事課一係の主任となり、霜月美佳を相棒として捜査に当たっています。狡噛慎也は公安局を離れ、独立して活動しています。

そんな中、常守たちは、連続殺人事件が発生したことを知らせれます。事件の被害者は、全員がシビュラシステムに適性に適合している人物であり、しかも、その遺体は、まるで「裁きを受けた」かのような凄惨な状態にされていました。常守たちは、この事件の背後に、シビュラシステムに反発する勢力があるのではないかと疑い、捜査を開始します。

捜査を進めるうち、常守たちは、この事件が、シビュラシステムの根幹を揺るがす重大な陰謀であることをつきとめます。そして、常守たちは、この陰謀を阻止するために、決死の戦いに挑むことになります。

「PSYCHO-PASS サイコパス2」は、シビュラシステムの闇に迫る、スリリングなサイバーパンクアクションです。常守朱や狡噛慎也ら魅力的なキャラクターたちの活躍も見逃せません。

タイトルとURLをコピーしました