「FACE MAKER」:整形外科医の闇とサスペンス

スポンサーリンク

「FACE MAKER」:整形外科医の闇とサスペンス

FACE MAKERとは。

2010年10月から12月まで、日本テレビ系列で放送された日本のテレビドラマが「FACE MAKER」です。一話完結のサスペンスドラマで、全13回あります。脚本は荒井修子ほか、音楽は羽岡佳、出演は永井大、日向千歩、神保悟志ほかです。天才的な美容整形外科医のもとを訪れる患者たちの物語が描かれています。

天才美容整形外科医のダークサイド

天才美容整形外科医のダークサイド

天才美容整形外科医のダークサイド

ドクター・ショーン・マニングスは、世界で最も優れた形成外科医の一人です。彼は無数の患者の命を救い、傷跡を消し、自信を取り戻す手助けをしてきました。しかし、マニングスの成功には暗い一面があります。彼は整形手術への依存症、患者の操作、そして麻薬の闇取引に苦しんでいます。

マニングスの麻薬依存症は、彼が医学生だった頃に始まりました。彼は長時間働き、ストレスを感じており、薬で気を紛らわせようとしていました。やがて、彼は薬に依存するようになり、中毒症に陥りました。マニングスは中毒症と闘うためにリハビリを受けましたが、すぐに再発してしまいました。

マニングスの患者を操作する行為は、彼のナルシシズムと完璧主義からきています。彼は自分のやり方が常に最善だと信じており、患者の意見を尊重しません。彼はしばしば患者に必要のない手術を受けさせたり、不必要なリスクを負わせたりします。

マニングスの麻薬の闇取引は、彼の依存症を支えるための資金源です。彼は自分のクリニックで麻薬を処方し、それを闇市場で売っています。マニングスの闇取引は警察に知られており、彼は逮捕される危険にさらされています。

マニングスのダークサイドは、彼の才能と成功を台無しにしています。彼は才能ある外科医ですが、彼の依存症と操作的な行為は彼を危険な人物にしています。マニングスは自分の問題を克服し、再び成功した外科医になることができるでしょうか?

患者の欲望と葛藤

患者の欲望と葛藤

患者の欲望と葛藤

整形外科医は、患者の容貌への不安やコンプレックスを解決する手助けをすることができる存在です。しかし、その一方で、患者の欲望と現実のギャップに悩むことも少なくありません。

患者の多くは、整形手術によって理想的な容貌を手に入れれば、人生が好転すると考えています。しかし、実際には、整形手術によって得られる結果は限られています。さらに、整形手術はリスクを伴うものでもあり、術後の経過が思わしくない場合もあります。

そのため、整形外科医は、患者の欲望と現実のギャップを埋めるために、カウンセリングや説明を繰り返し行う必要があります。しかし、たとえ十分な説明を行ったとしても、患者の納得を得られない場合もあります。

また、患者の容貌への不安やコンプレックスは、心の問題に起因している場合も多くあります。そのため、整形外科医は、患者の心のケアも行う必要があります。これは、整形外科医にとって大きな負担となることが少なくありません。

整形外科医は、患者の容貌への不安やコンプレックスを解決する手助けをするという、やりがいのある仕事に就いています。しかし、その一方で、患者の欲望と現実のギャップに悩み、患者の心のケアを行うという、大きな負担も負っています。

整形手術の是非を問う

整形手術の是非を問う

整形手術にはさまざまな「肯定派」と「否定派」の意見が存在します。肯定派は、整形手術は個人の自由であると主張します。彼らは、自分がどのように見えるかを選択する権利は各人が持っており、整形手術は自己実現の一つの方法であると主張します。また、否定派は、整形手術は多くの危険を伴うとして、その是非を問います。彼らは、整形手術は、感染症、血栓症、神経損傷、顔面の麻痺などの深刻な合併症を引き起こす可能性があることを指摘しています。さらに、整形手術は、依存症になる可能性があると主張しています。彼らは、整形手術を受けると、より良い結果を求めて、次から次へと手術を受け続けるようになる可能性があると警告しています。

整形手術の是非を問う議論は、今後もしばらく続きそうです。最終的に、整形手術を受けるか受けないかは、個人の自由であり、各人が慎重に判断すべきことです。

タイトルとURLをコピーしました