風立ちぬの背景にある恋愛

スポンサーリンク

風立ちぬの背景にある恋愛

風立ちぬとは。

1981年に松田聖子が歌唱し大ヒットした楽曲「風立ちぬ」は、日本のポピュラー音楽です。作詞は松本隆、作曲は大瀧詠一が担当しています。

風立ちぬの歴史

風立ちぬの歴史

風立ちぬの歴史

風立ちぬは、1937年に発表された堀辰雄の小説です。この小説は、1923年の関東大震災後に結核を患った青年・堀辰雄と、彼を献身的に看護した恋人・節子の物語です。

小説は、1938年に映画化され、大ヒットしました。この映画は、黒澤明監督がメガホンを取り、高峰秀子と加山雄三が主演しました。映画は、その美しい映像と音楽で高い評価を受け、第11回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞しました。

風立ちぬは、その後も何度も映画化やテレビドラマ化されています。2013年には、宮崎駿監督がアニメ映画として風立ちぬを制作しました。このアニメ映画は、原作の小説を忠実に再現しており、美しい映像と音楽で高い評価を受けました。

風立ちぬは、日本の文学史に残る名作であり、今もなお多くの人々に愛され続けています。

風立ちぬの歌詞

風立ちぬの歌詞

-風立ちぬの歌詞-

「風立ちぬ」の歌詞は、堀辰雄の同名の小説を基にしており、主人公の二郎と菜穂子の恋愛を歌っています。

1番の歌詞は、二人の出会いと恋の始まりを描いています。
二郎は飛行機の設計者として働いており、菜穂子は療養のために高原の療養所に入院しています。
二人は療養所で出会い、恋に落ちます。

2番の歌詞は、二人の愛の深まりと、菜穂子の病状の悪化を描いています。
二郎と菜穂子は結婚し、幸せな生活を送っていますが、菜穂子の病状は悪化の一途をたどります。

3番の歌詞は、菜穂子の死と、二郎の悲しみを描いています。
菜穂子はついに病に倒れ、二郎は悲しみに暮れます。
しかし、二郎は菜穂子のために飛行機を設計し、空を飛ぶことを決意します。

「風立ちぬ」の歌詞は、二人の愛の物語であり、人生の儚さを描いた名曲です。

風立ちぬのレコーディング

風立ちぬのレコーディング

-# 風立ちぬのレコーディング

風立ちぬのレコーディングは、1937年にドイツのベルリンで行われた。宮崎駿監督は、ベルリン交響楽団を指揮して、映画のサントラを録音した。サントラには、グスタフ・マーラーの交響曲第5番や、リヒャルト・ワーグナーの「ニーベルングの指環」など、クラシック音楽の名曲が数多く使用されている。

宮崎駿監督は、サントラを録音する際に、ベルリン交響楽団の演奏に感動したという。彼は、「ベルリン交響楽団の演奏は、まさに完璧だった。私は、彼らと一緒に仕事をすることができて、本当に幸運だった」と語っている。

風立ちぬのサントラは、映画の公開後に大ヒットし、数多くの賞を受賞した。サントラには、映画のストーリーを盛り上げる美しいメロディーが数多く収録されており、映画ファンや音楽ファンから絶賛されている。

タイトルとURLをコピーしました