釣りおとした大魚 – A・A・フェア作のハードボイルド小説

スポンサーリンク

釣りおとした大魚 – A・A・フェア作のハードボイルド小説

釣りおとした大魚とは。

米国の作家A・A・フェア(E・S・ガードナーの筆名)のハードボイルド小説「釣りおとした大魚」は、1963年に出版されました。原題は「Fish Or Cut Bait」で、「クール&ラム」シリーズの一作です。

クール&ラムシリーズ

クール&ラムシリーズ

クール&ラムシリーズは、A・A・フェア作のハードボイルド小説のシリーズです。1934年に第一作『クール&ラムの処女航海』が発表されて以来、14作が刊行されました。

主人公は、私立探偵のドン・クールと、その助手のラム・ダグラスです。クールは、元軍人で、頭脳明晰で、行動力があり、ハードボイルドな性格の持ち主です。ラムは、クールとは対照的に、お調子者で、口が達者で、お人好しな性格の持ち主です。

クール&ラムシリーズの作品は、主にニューヨークを舞台としており、クールとラムが、殺人事件や麻薬密売事件などの事件を解決していきます。作品は、ハードボイルド小説らしく、緊迫感のある筋展開と、クールでスタイリッシュな描写が特徴です。

クール&ラムシリーズは、ハードボイルド小説の代表作として、多くの読者に親しまれており、テレビドラマや映画にもなっています。

E・S・ガードナーの筆名

E・S・ガードナーの筆名

E・S・ガードナーは、アメリカ合衆国で活躍した作家であり、ハードボイルド小説で知られています。「A・A・フェア」とは、ガードナーが使用した筆名の一つです。ガードナーは、1883年にマサチューセッツ州のマラソンで生まれ、1970年にカリフォルニア州のティアナ・パークスで亡くなりました。

ガードナーは、当初は弁護士として働いていましたが、1921年に執筆業に専念するようになりました。1923年に発表した『我ら街』で成功を収め、その後は推理小説やハードボイルド小説を数多く発表しました。ガードナーの代表作としては、「ペリー・メイスン」シリーズや「A・A・フェア」シリーズなどが挙げられます。

「A・A・フェア」シリーズは、私立探偵ドナルド・ラムを主人公としたハードボイルド小説シリーズです。このシリーズは、1929年に発表された『ドン・ラム対黄金強盗団』で始まり、1964年に発表された『ドン・ラム対007』まで、全31作が出版されました。「A・A・フェア」シリーズは、そのハードボイルドな作風と軽快な語り口で人気を博し、多くの読者に愛されました。

ハードボイルド小説の名作

ハードボイルド小説の名作

ハードボイルド小説の名作

ハードボイルド小説は、1920年代から1930年代にかけてアメリカで生まれた小説のジャンルです。ハードボイルドとは、「ゆで卵」という意味で、ゆで卵のように外側は固く、内側は柔らかいというハードボイルドの主人公を端的に表した言葉です。

ハードボイルド小説の名作といえば、何といってもレイモンド・チャンドラーの「大いなる眠り」でしょう。この小説は、私立探偵フィリップ・マーロウが、裕福な老人の娘を探偵する物語です。

「大いなる眠り」は、ハードボイルド小説の傑作として名高い作品です。この小説は、そのハードボイルドな主人公、そして、その主人公が活躍するハードボイルドな世界観が、読者を惹きつけてやみません。

ハードボイルド小説の名作は、他にもたくさんあります。例えば、ダシール・ハメットの「ガラスの鍵」、ジョン・D・マクドナルドの「トラップ」、ロバート・B・パーカーの「沈黙のパートナー」などがあげられます。これらの小説は、いずれもハードボイルド小説の傑作として名高い作品です。

ハードボイルド小説の魅力は、そのハードボイルドな主人公と、その主人公が活躍するハードボイルドな世界観にあります。ハードボイルド小説は、読者にハードボイルドな世界観を体験させてくれる小説なのです。

タイトルとURLをコピーしました