「スイング・イージー」解説

スポンサーリンク

「スイング・イージー」解説

スイング・イージーとは。

スイング・イージーとは、フランク・シナトラの1953-1954年録音のジャズ・アルバムです。キャピトル・レーベルから発売され、キャピトル時代に録音された10インチLP2枚をまとめたシナトラの代表作のひとつです。原題は「Swing Easy」です。

「スイング・イージー」とは

「スイング・イージー」とは

「スイング・イージー」とは

「スイング・イージー」とは、スイングを楽にするためのメソッドである。スイングを楽にすることで、より速いスイングスピードと、より正確なスイングが可能になる。このメソッドは、ゴルフインストラクターのハンク・ハニ氏が考案したもので、世界中の多くのゴルファーに支持されている。

「スイング・イージー」のポイントは、スイング中に力を入れすぎないことである。これは、スイングを速くしようとしたり、正確に打とうとしたりすると、どうしても力が入ってしまうためである。しかし、力を入れてスイングすると、スイングスピードが遅くなり、スイング軌道が乱れてしまう。

「スイング・イージー」では、スイング中に力を入れずに、クラブを自然に振るようにする。これによって、スイングスピードが速くなり、スイング軌道も安定する。また、力を入れてスイングすると、スイング中に体が緊張してしまい、ミスショットの原因になる。しかし、「スイング・イージー」では、体をリラックスさせてスイングするので、ミスショットを減らすことができる。

「スイング・イージー」に収録されている代表曲・解説

「スイング・イージー」に収録されている代表曲・解説

「スイング・イージー」に収録されている代表曲は、「シング・シング・シング」と「ブルー・ロンサム」です。「シング・シング・シング」は、グレン・ミラーオーケストラの代表曲であり、スイングジャズを代表する曲でもあります。軽快なリズムと印象的なメロディーが特徴的で、今でも世界中で愛されています。「ブルー・ロンサム」は、フランク・シナトラによって歌われた曲で、スローテンポで物悲しいメロディーが特徴です。シナトラの憂いを帯びた歌声が、この曲の世界観をより一層際立たせています。この2曲は、いずれもスイングジャズを代表する名曲であり、今でも世界中で幅広く演奏されています。

フランク・シナトラと「スイング・イージー」

フランク・シナトラと「スイング・イージー」

フランク・シナトラと「スイング・イージー」

「スイング・イージー」は、フランク・シナトラが1951年に発表したアルバムである。このアルバムは、シナトラの代表作の一つであり、ジャズ・ヴォーカルの金字塔として高い評価を受けている。アルバムには、「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」、「アイ・ゲット・ア・キック・アウト・オブ・ユー」、「ストレンジャーズ・イン・ザ・ナイト」など、数々の名曲が収録されている。

シナトラは、このアルバムで、ジャズの王様であるルイ・アームストロングと共演している。アームストロングは、シナトラのヴォーカルを「天から舞い降りた歌声」と絶賛した。また、このアルバムは、シナトラのキャリアにおいて重要なターニングポイントとなった。それまでのシナトラは、ビッグバンドのヴォーカリストとして活躍していたが、このアルバムで、ジャズ・ヴォーカリストとしての地位を確立したのである。

「スイング・イージー」は、ジャズ・ヴォーカルの傑作として、今日でも多くの人々に愛されているアルバムである。シナトラのヴォーカルと、アームストロングのトランペットが織りなすハーモニーは、まさに絶品である。このアルバムは、ジャズ・ヴォーカルに興味がある人なら、ぜひ一度は聴いていただきたい名盤である。

タイトルとURLをコピーしました