恐怖の13日の金曜日

スポンサーリンク

恐怖の13日の金曜日

十三人の刺客とは。

「十三人の刺客」とは、①1963年に公開された日本映画。監督は工藤栄一、脚本は池上金男、撮影は鈴木重平が担当し、片岡千恵蔵、里見浩太朗、嵐寛寿郎、西村晃、阿部九洲男、山城新伍、水島道太郎らが出演した。②2010年に公開された日本映画。①のリメイク版で、監督は三池崇史、原作は池宮彰一郎、脚本は天願大介、録音は中村淳が担当し、役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、9代目松本幸四郎、稲垣吾郎、市村正親、山崎努らが出演した。第65回毎日映画コンクールで監督賞、録音賞、男優助演賞(稲垣吾郎)を受賞した。

13日の金曜日 (1980年)

13日の金曜日 (1980年)

-13日の金曜日 (1980年)-

1980年、ショーン・S・カニンガム監督によって製作され、次世代の恐怖映画の金字塔として君臨する映画『13日の金曜日』が公開された。この映画には、ジェイソン・ボーヒーズという恐ろしい殺人鬼が登場し、クリスタル・レイクのキャンプ・カウンセラーたちを次々と殺害していく。

この映画は、その残酷な暴力描写とサスペンスフルなストーリー展開で多くの観客を魅了し、興行収入1億ドル以上を記録する大ヒットとなった。また、この映画は多くの続編やリメイクを生み出し、現在でも世界中で愛され続けている。

『13日の金曜日』の成功は、スlasher映画という新たなジャンルを生み出した。スlasher映画は、殺人鬼が若者たちを次々と殺害していくというストーリー展開が特徴の映画で、1980年代に多くの作品が製作された。この映画は、スlasher映画の代表作として知られ、多くの映画に影響を与えている。

13日の金曜日 (2009年)

13日の金曜日 (2009年)

-13日の金曜日 (2009年)-

「13日の金曜日」は、マーカス・ニスペル監督、スウィフト・ギルバート脚本、マイケル・ベイがプロデュースした2009年のアメリカのスラッシャー映画です。1980年の映画「13日の金曜日」のリメイクであり、12作目の「13日の金曜日」シリーズの映画です。この映画には、ジャレッド・パダレッキ、ダニエル・パナベイカー、アマンダ・リゲッティ、デレク・メアス、トラビス・ヴァン・ウインク、ジュリアンヌ・ヒューグ、アーロン・スタンフォード、デヴィッド・ハーバーが出演しています。

この映画は、キャンプ・クリスタルレイクで週末を過ごしている一団のティーンエイジャーを、ジェイソン・ボーヒーズが次々に殺していくという内容です。この映画は、2009年2月13日に公開され、批評家からは否定的なレビューを受けましたが、興行的には成功し、世界中で1億9,200万ドルの興行収入を上げました。

この映画は、前作「13日の金曜日 Part VIII ジェイソンN.Y.へ」とは別の方向性で制作されました。この映画は、「13日の金曜日」シリーズの最初の映画の出来事に焦点を当てたリブートであり、ジェイソンをより人間的なキャラクターとして描いています。この映画は、ジェイソンの幼少期やキャンプ・クリスタルレイクで起こった出来事など、新しい要素も取り入れています。

この映画は、批評家からは否定的なレビューを受けました。多くの批評家が、この映画はオリジナルの映画に比べて劣っていると指摘しました。また、この映画はジェイソンをより人間的に描こうとしたことが裏目に出たと指摘する批評家もいました。しかし、この映画は興行的には成功し、世界中で1億9,200万ドルの興行収入を上げました。

殺人鬼ジェイソン

殺人鬼ジェイソン

-殺人鬼ジェイソン-

13日の金曜日といえば、誰もが思い浮かべるのは、殺人鬼ジェイソンでしょう。ジェイソンは、1980年に公開されたホラー映画『13日の金曜日』に登場するキャラクターです。彼は、クリスタルレイクという湖のほとりにあるサマーキャンプで、キャンプカウンセラーを次々と殺害していくというストーリーです。ジェイソンは、ホッケーマスクをかぶり、手にはマチェーテという両手持ちのナイフを持っています。彼は、キャンプカウンセラーを殺害する際に、マチェーテで切りつけたり、首を絞めたりして、残忍な方法で殺害していきます。

ジェイソンは、13日の金曜日シリーズの最初の映画から登場し、その後も続編やリメイク版で登場しています。彼は、ホラー映画史上最も有名な殺人鬼の一人であり、多くの人々から愛されています。ジェイソンは、その残忍な殺害方法とホッケーマスクという特徴的な外見で、多くのホラー映画のファンから人気を集めています。

ジェイソンの殺人方法は、非常に残忍で、グロテスクです。彼は、キャンプカウンセラーを殺害する際に、マチェーテで切りつけたり、首を絞めたりして、非常に残忍な方法で殺害していきます。また、ジェイソンは、ホッケーマスクをかぶり、手にはマチェーテという両手持ちのナイフを持っています。この特徴的な外見も、ジェイソンが人気を集めている理由の一つです。

ジェイソンは、13日の金曜日シリーズの最初の映画から登場し、その後も続編やリメイク版で登場しています。彼は、ホラー映画史上最も有名な殺人鬼の一人であり、多くの人々から愛されています。ジェイソンは、その残忍な殺害方法とホッケーマスクという特徴的な外見で、多くのホラー映画のファンから人気を集めています。

タイトルとURLをコピーしました