フリッツ・ラング監督の映画「メトロポリス」の魅力

スポンサーリンク

フリッツ・ラング監督の映画「メトロポリス」の魅力

メトロポリスとは。

「メトロポリス」は、1926年に公開されたドイツ映画です。原題は《Metropolis》。21世紀の未来世界を描いたSF映画で、その後のSF映画に大きな影響を与えました。監督はフリッツ・ラング、主演はブリギッテ・ヘルムです。

「メトロポリス」の概要とあらすじ

「メトロポリス」の概要とあらすじ

フリッツ・ラング監督の映画「メトロポリス」は、1927年に公開されたSF映画です。日本では1928年に公開され、その後も何度も再上映されています。

「メトロポリス」の舞台は、2026年の未来都市メトロポリスです。都市は、富裕層が住む地上と、労働者が住む地下の2つの世界に分かれています。地上は、高層ビルが立ち並び、人々は豊かな暮らしを送っています。一方、地下は、工場が建ち並び、労働者たちは過酷な労働を強いられています。

物語の主人公は、地上に住む青年ヨハンです。ヨハンは、地下で働く労働者たちの姿を見て、彼らの境遇に心を痛めます。そして、労働者たちを救うために、地下へ降りていきます。地下で、ヨハンは労働者たちのリーダーであるマリアに出会い、彼女と恋に落ちます。

地上と地下の対立は、やがて激化していきます。労働者たちは、地上を支配する富裕層に対して反乱を起こします。反乱は、地下の労働者たちが地上に攻め上り、富裕層の支配を終わらせるという結末を迎えます。

「メトロポリス」は、その斬新な映像とストーリーで、公開当時大きな話題となりました。また、映画史に残る名作として、現在でも世界中で愛されています。

ブリギッテ・ヘルムによるマリアの演技

ブリギッテ・ヘルムによるマリアの演技

ブリギッテ・ヘルムによるマリアの演技は、映画「メトロポリス」の魅力の一つです。彼女は、機械的で無機質な都市の中で、希望と愛を持ち続けるマリアを繊細かつ力強く演じています。彼女の演技は、マリアを単なるおとぎ話のヒロインではなく、血の通った人間として描き出し、観客の共感を誘うことに成功しています。

ヘルムは、マリアの純粋さと強さを同時に表現することで、マリアというキャラクターに命を吹き込んでいます。彼女の演技は、マリアが機械化された都市の中で苦しみながらも、希望を持ち続ける姿をリアルに伝えています。また、彼女とフレダーの恋愛シーンでは、二人の純粋な愛が伝わってくるような演技を見せています。

ヘルムの演技は、映画「メトロポリス」を不朽の名作たらしめている重要な要素の一つです。彼女の演技は、マリアというキャラクターに命を吹き込み、観客の共感を誘うことに成功しています。ヘルムの演技なくしては、映画「メトロポリス」はここまで愛される作品にはならなかったでしょう。

SF映画の歴史における「メトロポリス」の重要性

SF映画の歴史における「メトロポリス」の重要性

大見出し「フリッツ・ラング監督の映画「メトロポリス」の魅力」の下に作られた小見出しの「SF映画の歴史における「メトロポリス」の重要性」

フリッツ・ラング監督の映画「メトロポリス」は、1927年に公開されたドイツのSF映画です。この映画は、人類の未来社会を描いた壮大なスペクタクル映画であり、SF映画の歴史に大きな影響を与えました。「メトロポリス」は、SF映画の金字塔として、今もなお多くの人々に愛されています。

「メトロポリス」がSF映画の歴史において重要なのは、その画期的な映像表現です。この映画は、当時としては最先端の特殊撮影技術を駆使しており、その映像は圧倒的な迫力と美しさを持っています。また、「メトロポリス」は、その壮大な世界観と、人間と機械の関係性を描いたストーリーでも高く評価されています。

「メトロポリス」は、SF映画の傑作であるだけでなく、映画史に残る名作のひとつでもあります。この映画は、映画史を学ぼうとする人々にとって必見の映画であり、SF映画ファンにとっても、ぜひ一度は観ておきたい映画です。

タイトルとURLをコピーしました