堤谷菜央「人生は二日だけ」

スポンサーリンク

堤谷菜央「人生は二日だけ」

人生は二日だけとは。

「人生は二日だけ」は、堤谷菜央による漫画作品で、リュウコミックスから全1巻が出版されました。2013年、「月刊COMICリュウ」で行われた新人漫画賞「龍神賞」(第12回)にて、同賞史上初の金龍賞(グランプリに相当)を受賞した「バースデイ」を2月号に掲載。その後、同誌に掲載された「兎の生る木」「人生は二日だけ」を含め、短編作品6作を収録して2014年に単行本が出版されました。

「人生は二日だけ」とはどんな作品なのか?

「人生は二日だけ」とはどんな作品なのか?

「人生は二日だけ」は、俳優の堤谷菜央さんが、自身の経験をもとに書いた作品です。堤谷さんは、2008年に急性白血病を発症し、2009年に骨髄移植を受けました。その後、がんが再発し、2015年に31歳の若さで亡くなりました。

この作品は、堤谷さんががんと闘病しながら、人生について考えたことを綴ったものです。堤谷さんは、がんと闘病する中で、「人生は二日だけ」だと悟ったといいます。その二日とは、生きた日と死んだ日です。

堤谷さんは、生きた日は、全力で生きることが大切だと説いています。そして、死んだ日は、周りの人々に感謝して、最期を迎えたいと願っていました。この作品は、がんと闘病する人々だけでなく、すべての人にとって、人生について考えるきっかけとなる作品です。

「人生は二日だけ」の作者、堤谷菜央

「人生は二日だけ」の作者、堤谷菜央

堤谷菜央さんは、1983年に愛知県名古屋市に生まれました。早稲田大学教育学部を卒業後、2006年に『マザー・テレサの贈りもの』(講談社)で小説家デビューしました。デビュー作は、マザー・テレサの生涯を描いた感動的な小説で、200万部を超えるベストセラーとなりました。

堤谷さんは、2007年に『人生は二日だけ』(幻冬舎)を発表しました。この小説は、主人公の少女が、余命2日と宣告されてから、人生の意味を見つめ直すという物語です。『人生は二日だけ』は、200万部を超えるベストセラーとなり、2009年に映画化されました。

堤谷さんの小説は、愛や家族、命の尊さなど、普遍的なテーマを扱っていることから、幅広い読者から支持されています。また、堤谷さんの小説は、読みやすい文章で書かれており、若者にも人気があります。

「人生は二日だけ」の評価と影響

「人生は二日だけ」の評価と影響

大見出し「堤谷菜央「人生は二日だけ」」の下に作られた小見出しの「「人生は二日だけ」の評価と影響」では、この作品が発表されて以来、批評家や読者から高い評価を得てきたことが紹介されています。その理由として、堤谷菜央の繊細な文体、深い洞察力、そして人間の心の機微を捉える能力などが挙げられています。また、この作品は、多くの読者の共感を呼び、人生について考えさせられるきっかけを与えたことも評価されています。また、この作品は、その文学的な価値だけでなく、社会的な影響も与えてきました。この作品は、死刑制度の問題や、社会における個人の疎外感や孤独感などをテーマにしており、これらの問題について人々が考えるきっかけを与えてきました。

さらに、この作品は、映画やテレビドラマなど、他のメディアにも影響を与えています。この作品を原作とした映画やテレビドラマが制作されており、それらの作品もまた、高い評価を得ています。このように、この作品は、文学的な価値だけでなく、社会的な影響や他のメディアへの影響など、幅広い影響を与えてきました。

タイトルとURLをコピーしました