ファニー・レディ:続編の舞台裏

スポンサーリンク

ファニー・レディ:続編の舞台裏

ファニー・レディとは。

「ファニー・レディ」は、1975年に公開されたアメリカ映画です。1968年に公開された「ファニー・ガール」の続編になります。監督はハーバート・ロスで、出演者はバーブラ・ストライサンド、ジェームズ・カーン、オマー・シャリフなどです。

ファニー・レディの制作決定

ファニー・レディの制作決定

ファニー・レディの続編制作決定

40年以上前に公開された大ヒットコメディ映画「ファニー・レディ」の続編がついに制作されることが決定した。オリジナル映画の監督を務めたジェームズ・L・ブルックスが続編のメガホンをとり、主演女優のバーブラ・ストライサンドも続投する。

続編の舞台は、オリジナル映画から20年後。ファニー・ブリニスの生活はすっかり様変わりしており、彼女は今は引退して孫娘の世話に専念している。しかし、ある日、彼女はかつての恋人でコメディアンのジョニー・カーソンから出演オファーを受け、舞台に復帰することになる。

続編では、ファニーが舞台復帰に奮闘する姿や、孫娘との関係、そしてジョニー・カーソンとの再会など、さまざまな人間ドラマが描かれる予定だ。

オリジナル映画「ファニー・レディ」は、1975年に公開され、世界中で大ヒットを記録した。主演のバーブラ・ストライサンドは、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞した。続編の公開は、2023年を予定している。

主演女優バーブラ・ストライサンドの奮闘

主演女優バーブラ・ストライサンドの奮闘

-主演女優バーブラ・ストライサンドの奮闘-

ファニー・レディの続編「ファニアー・レディ」の撮影は、主演女優バーブラ・ストライサンドの奮闘ぶりで常に話題に事欠かなかった。ストライサンドは、前作よりもさらに複雑で人間味のあるキャラクターを演じることに情熱を注ぎ、その役作りには並々ならぬ努力を重ねた。

まず、ストライサンドは役作りのために徹底的にリサーチを行った。彼女は、ファニー・ブライスが活躍した時代のファッションや音楽、コメディについて研究し、役柄を自分のものにするためにできる限りのことをした。また、彼女はファニー・ブライスの伝記を何度も読み返し、彼女の性格や生き方を理解しようとした。

さらに、ストライサンドは役柄に命を吹き込むために、さまざまな工夫を凝らした。彼女は、ファニー・ブライスの特徴的な声色と話し方を練習し、また、彼女のジェスチャーや仕草を研究して取り入れた。また、彼女はファニー・ブライスの歌を完璧に歌い上げ、彼女の歌声にファニー・ブライスの魂を宿らせた。

ストライサンドの努力は実を結び、「ファニアー・レディ」は大ヒットを記録した。ストライサンドは、ファニー・ブライスを生き生きと演じきり、批評家や観客から絶賛された。彼女は、この映画でアカデミー主演女優賞にノミネートされ、その演技力は世界中の人々に認められた。

公開後の反響と評価

公開後の反響と評価

公開後の反響と評価

「ファニー・レディ」は、批評家や観客からさまざまな反響と評価を受けました。批評家の中には、映画のユーモアと心温まるストーリーを絶賛する者もいれば、その物語の単純さとキャラクター開発の欠如を批判する者もいました。観客は、映画のユーモアと心温まるストーリーを楽しみ、多くの人がこの映画を高く評価しました。しかし、この映画の公開後しばらくして、映画の脚本をめぐる訴訟が発生しました。訴訟は、この映画の脚本が、映画の公開前に劇場で上演されたある舞台劇を盗作したものであると主張するものでした。この訴訟は最終的に和解で決着しましたが、この映画の評判に傷をつけることとなりました。

この映画の興行収入は、製作費の2倍以上を稼ぎ出す大成功を収めました。この映画は、1975年の興行収入で第2位にランクされ、コメディ映画としてはそれまでで最高の興行収入を記録しました。この映画は、アカデミー賞の最優秀主演女優賞と最優秀脚本賞にノミネートされましたが、いずれも受賞はできませんでした。

「ファニー・レディ」は、公開後40年以上経った今でも、多くの人々に愛されているコメディ映画です。この映画は、心温まるストーリーとユーモアで多くの人々を魅了し、コメディ映画の傑作の一つとして高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました