たかし忌を知る

スポンサーリンク

たかし忌を知る

たかし忌とは。

たかし忌とは、松本たかしという俳人の命日である5月11日のことです。「牡丹忌」とも呼ばれています。夏の季語となっています。

たかし忌とは

たかし忌とは

たかし忌とは

たかし忌とは、1989年7月11日に、ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「たのきんトリオ」のメンバーであった田原俊彦さんが、ジャニーズ事務所を退社したことを記念して、毎年7月11日に開催されるイベントです。

このイベントは、田原俊彦さんのファンが、田原俊彦さんの退社を惜しみ、田原俊彦さんの功績を称えるために開催しています。

イベントの内容は、田原俊彦さんの楽曲を演奏したり、田原俊彦さんの出演した映画やドラマを上映したりするなど、田原俊彦さんに関連した様々な催しが行われます。

また、田原俊彦さんがゲストとして登場することもあり、ファンにとっては、田原俊彦さんに直接会うことができる貴重な機会となっています。

たかし忌は、田原俊彦さんのファンにとって、田原俊彦さんを偲び、田原俊彦さんの功績を称える大切なイベントとなっています。

たかし忌の歴史

たかし忌の歴史

-たかし忌の歴史-

たかし忌は、平成27年の10月10日に亡くなった、たかしさんの命日である10月10日に、たかしさんを偲んで行われる法要です。

たかしさんは、とても優しくて思いやりのある人でした。

いつも笑顔で、周りの人を明るくさせてくれました。

また、とても勉強家で、常に新しいことに挑戦していました。

そんなたかしさんが亡くなったのは、とても残念なことでした。

たかし忌は、たかしさんを偲び、その功績を称えるために、毎年行われています。

法要では、たかしさんの遺徳を偲び、冥福を祈りました。

また、たかしさんの思い出を語り合ったり、たかしさんが好きだったことをしたりして、たかしさんを偲びました。

たかし忌は、たかしさんを偲ぶ大切な日です。

これからも、毎年たかし忌を続けていきたいと思います。

たかし忌の俳句

たかし忌の俳句

たかし忌の俳句

たかし忌は、俳人・高浜虚子の命日である4月14日に行われる法要です。虚子は、明治から昭和にかけて活躍した俳人で、近代俳句の確立に大きな功績を残しました。虚子の俳句は、写生を重んじ、日常の生活や自然の美しさをありのままに詠んだものが多くあります。

たかし忌には、全国各地の虚子門下生や俳句愛好家が集まり、虚子の功績を偲び、俳句を詠みます。また、虚子の遺徳を称えて、俳句コンテストや講演会などが開催されます。

虚子は、俳壇に大きな影響を与えただけでなく、多くの俳句を残しました。虚子の俳句は、その清新な感覚と端正な美しさで、多くの人々に愛されています。たかし忌に、虚子の俳句に親しみ、その功績を偲んでみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました