祇園の姉妹:日本映画史に残る名作

スポンサーリンク

祇園の姉妹:日本映画史に残る名作

祇園の姉妹とは。

祇園の姉妹とは、

1. 1936年に公開された溝口健二監督による日本映画。依田義賢が脚本を担当し、山田五十鈴、梅村蓉子、志賀廼家弁慶らが出演した。第13回キネマ旬報ベスト・テン日本映画ベスト・ワンに選ばれている。
2. 1956年に公開された野村浩将監督による日本映画。溝口健二の原作を基に依田義賢が原作・脚色を担当し、小野道子、木暮実千代、中村玉緒、勝新太郎、進藤英太郎、田中春男、上田寛らが主演した。

1936年公開の原版

1936年公開の原版

-1936年公開の原版-

祇園の姉妹は、1936年に公開された日本映画である。細川貂介監督、森本薫脚本、田中絹代、岡田嘉子、原節子主演のモノクローム作品である。この映画は、祇園の芸妓を主人公にしたもので、芸妓の悲恋を描いた作品である。

この映画は、日本の映画史に残る名作として知られている。田中絹代と岡田嘉子の演技が素晴らしく、原節子のデビュー作としても注目されている。また、細川貂介監督の演出も評価されている。

この映画は、1936年公開の原版と、1953年公開のリメイク版の2つがある。原版は、戦火で焼失したと考えられていたが、1993年に奇跡的に発見された。

この映画は、1936年公開の原版と、1953年公開のリメイク版の2つがある。原版は、戦火で焼失したと考えられていたが、1993年に奇跡的に発見された。

この映画は、日本映画の傑作として、現在も愛され続けている。

1956年公開のリメイク版

1956年公開のリメイク版

1956年に公開された「祇園の姉妹」は、1936年公開の同名映画のリメイク版です。監督は溝口健二、主演は田中絹代と山田五十鈴です。オリジナル版に比べて、よりリアルで人間味のある作品に仕上がっています。

物語は、日本舞踊の師匠である八千代と、その弟子である小春を中心に展開します。八千代は、小春の才能を見抜き、彼女を一流の舞踏家に育て上げることに情熱を注ぎます。しかし、小春は八千代の期待に応えることができず、次第に八千代との関係がギクシャクしていきます。

やがて、小春は八千代の元を離れ、自分で舞踊の道を切り開いていきます。彼女は、様々な困難を乗り越え、ついに一流の舞踏家になります。しかし、その成功を八千代に報告することができず、いつしか二人は疎遠になってしまいます。

時が経ち、八千代は病に倒れます。小春は、その知らせを聞いて、八千代のもとに駆けつけます。そして、二人は和解します。八千代は小春に、自分の娘のように愛していたことを告げ、小春は八千代に、自分が八千代の弟子になれたことを誇りに思っていることを伝えます。

八千代は小春の腕の中で息を引き取り、小春は八千代の死を悲しみます。しかし、彼女は八千代の教えを胸に、舞踊の道を歩み続けます。

日本映画ベスト・ワンの栄誉

日本映画ベスト・ワンの栄誉

日本映画史上、最も優れた作品として名高い『祇園の姉妹』は、小津安二郎監督の傑作であり、日本映画ベスト・ワンの栄誉に輝いた不朽の名作です。1936年に公開されたこの作品は、京都の舞妓の世界を舞台に、二人の姉妹の愛と人生を描いたヒューマンドラマです。主人公の姉である雪子は、芸者として成功するために努力する女性であり、妹の駒子は、姉を慕いながら舞妓として成長していく少女です。そんな二人が、人生の岐路に立たされ、互いの愛と絆の大切さを知るという物語です。

『祇園の姉妹』は、その卓越した映像美と繊細な心理描写で高く評価されており、日本映画史に残る名作として語り継がれています。また、本作は、後に『東京物語』『秋刀魚の味』などの名作を世に送り出した小津安二郎監督のキャリアにとっても重要な作品であり、彼の代表作として知られています。

タイトルとURLをコピーしました