「愛をください」〜懐かしの恋愛ドラマを振り返る

スポンサーリンク

「愛をください」〜懐かしの恋愛ドラマを振り返る

愛をくださいとは。

「愛をください」は、2000年7月から9月までフジテレビ系列で放送された日本のテレビドラマです。全12話。脚本は辻仁成、主演は菅野美穂、伊藤英明、陣内孝則、江口洋介などです。

「愛をください」とはどんなドラマ?

「愛をください」とはどんなドラマ?

「愛をください」とは、1990年代に放送された恋愛ドラマです。主演は、当時若手人気俳優だった佐藤浩市と常盤貴子の2人です。物語は、佐藤浩市演じる主人公・吉岡誠が、常盤貴子演じるヒロイン・石田愛と出会い、恋に落ちるというラブストーリーです。

吉岡誠は、大学を卒業後、就職活動に失敗し、アルバイトをしながら生活しています。ある日、吉岡誠は、石田愛が働くカフェを訪れ、一目惚れをします。石田愛は、吉岡誠の積極的なアプローチを受け入れ、2人は交際を開始します。しかし、吉岡誠のアルバイト収入だけでは、2人の生活は苦しく、やがて破局を迎えてしまいます。

破局後、吉岡誠は、大手企業に就職し、出世街道を歩きます。一方、石田愛は、女優として活動を始め、やがて人気女優になります。2人は、それぞれの人生を歩み始めますが、お互いのことを忘れられずにいます。そして、数年後、2人は再会し、再び恋に落ちます。

「愛をください」は、純粋な恋愛模様を描いたラブストーリーで、多くの人々の共感を集めました。佐藤浩市と常盤貴子の熱演も話題となり、ドラマは大ヒットしました。「愛をください」は、今もなお、多くのファンに愛され続けています。

「愛をください」のキャストとあらすじ

「愛をください」のキャストとあらすじ

「愛をください」は、1990年代に放送された恋愛ドラマです。平均視聴率は20%を超え、大ヒットを記録しました。このドラマは、主人公の女性が2人の男性の間で揺れ動く姿を描き、多くの視聴者を魅了しました。

ドラマの主人公は、由紀(演中山美穂)という女性です。由紀は、幼い頃に両親を亡くし、親戚の間を転々として育ちました。そのため、彼女は愛情に飢えており、常に愛を求めています。

由紀は、ある日、大学で出会った拓也(演豊川悦司)と恋に落ちます。拓也は、由紀をとても愛しており、彼女にプロポーズします。しかし、由紀は拓也の愛を受け入れることができません。なぜなら、彼女はまだ幼い頃に別れた初恋の相手、健吾(演堤真一)を忘れられずにいるからです。

由紀は、拓也と健吾の間で悩みます。どちらの男性も彼女を愛しており、彼女もまた両方の男性を愛しています。しかし、彼女は最終的に健吾を選びます。健吾は、由紀を幼い頃から知っており、彼女のすべてを受け入れてくれます。健吾の愛を受け入れた由紀は、ようやく幸せを見つけることができます。

「愛をください」の見どころと感想

「愛をください」の見どころと感想

大見出し「「愛をください」〜懐かしの恋愛ドラマを振り返る」

小見出し「「愛をください」の見どころと感想」

「愛をください」は、1998年に放送された恋愛ドラマです。主演は木村拓哉と常盤貴子。平均視聴率29.6%を記録し、大ヒットしました。

このドラマの見どころは、なんといっても木村拓哉と常盤貴子の恋愛模様です。二人は、同じ会社の先輩・後輩という関係から始まり、次第に惹かれ合っていきます。しかし、二人はそれぞれに悩みを抱えていて、簡単には結ばれません。そんな二人の姿に、視聴者は胸を締め付けられるとともに、勇気をもらいました。

また、このドラマは、家族愛や友情も描かれています。木村拓哉演じる主人公の家族は、貧しくても仲の良い家族です。常盤貴子演じるヒロインの家族は、裕福ですが、バラバラな家族です。二つの家族の対比が、ドラマに深みを与えています。

さらに、このドラマは、音楽も素晴らしいです。主題歌は、globeの「愛のために」。この曲は、ドラマの内容にぴったりで、ドラマを盛り上げています。

「愛をください」は、見どころ満載の恋愛ドラマです。ぜひ、もう一度見てみてください。きっと、もう一度感動するはずです。

タイトルとURLをコピーしました