ジャマイカの墓場:迫りくる危険と謎の世界

スポンサーリンク

ジャマイカの墓場:迫りくる危険と謎の世界

ジャマイカの墓場とは。

「ジャマイカの墓場」とは、アメリカの作家マイケル・クライトンによる、ジョン・ラングという名前で書かれた小説です。この小説は1970年に発表されました。原題は「GraveDescend」です。

ジャマイカの墓場の背景とあらすじ

ジャマイカの墓場の背景とあらすじ

ジャマイカの墓場は、ジャマイカのキングストンにある歴史的な墓地である。17世紀に設立され、現在では50万人以上が埋葬されている。この墓地は、その広大な敷地と、ジャマイカの歴史上の人物たちの墓があることで知られている。しかし、ジャマイカの墓場は、その美しさと歴史的価値にもかかわらず、迫りくる危険と謎の世界でもある。

この墓地は、貧困層が住む地区に位置しており、強盗や殺人などの犯罪が多発している。また、この墓地は、ホームレスの人々や麻薬中毒者が住処にする場所としても知られている。さらに、この墓地は、幽霊が出ると噂されており、夜中に墓地を歩くと、幽霊に遭遇すると言われている。

小説の魅力とジョン・ラングのペンネーム

小説の魅力とジョン・ラングのペンネーム

-小説の魅力とジョン・ラングのペンネーム-

ジャマイカの墓場小説は、そのスリリングなストーリーと魅力的なキャラクターで読者を魅了してきました。これらの小説は、ジャマイカの風景のバイロン的イメージを背景に、奴隷、奴隷制度、海賊、超自然的なものを巧みに融合させた物語です。

ジョン・ラングは、ジャマイカの墓場小説の最も有名な作家の1人です。ラングは、イングランド出身の海軍将校で、ジャマイカに駐留中にジャマイカの墓場小説の魅力にとりつかれました。ラングは1826年に最初のジャマイカの墓場小説『マルーン』を出版し、その後も数多くの小説を執筆しました。

ラングの小説は、その複雑なプロットと風変わりなキャラクターで注目を集めました。ラングは、彼の小説の中でジャマイカの社会と文化を巧みに描き出しました。また、ラングの小説は、その時代の人々を襲った恐怖や不安を反映しています。

ラングは、ジョン・ラングという本名ではなく、ジョン・ティトル・アトキンスというペンネームを使用しました。アトキンスは、ラングの小説の主人公であるマルーンのモデルとなった実在の人物です。ラングは、アトキンスのペンネームを使用することで、彼の小説のリアリティを高めたかったと考えられています。

ラングの小説は、今でも多くの人々に愛されています。ラングの小説は、ジャマイカの墓場小説の黄金時代を代表する作品であり、ジャマイカの歴史と文化を理解する上で貴重な資料です。

ジャマイカの墓場が与えるメッセージ

ジャマイカの墓場が与えるメッセージ

ジャマイカの墓場は、その美しさから観光客に人気のスポットである一方、迫りくる危険と謎の世界でもあります。この墓場は、海抜ゼロメートル地帯に位置しており、ハリケーンや高潮の影響を受けやすい場所にあります。また、墓場の周辺には犯罪が多発しており、安全な場所ではありません。さらに、この墓場には、多くの霊が出ると言われており、夜になると不気味な雰囲気を漂わせています。

しかし、ジャマイカの墓場は、その危険性や不気味さにもかかわらず、多くのメッセージを私たちに与えてくれます。この墓場を訪れることで、死の現実を直視し、人生の儚さを知ることができます。また、この墓場には、さまざまな人々が埋葬されており、それぞれの人の人生を偲ぶことができます。さらに、この墓場は、ジャマイカの歴史を学ぶことができる場所でもあります。

ジャマイカの墓場は、危険で不気味な場所ではありますが、多くのメッセージを私たちに与えてくれる場所でもあります。この墓場を訪れることで、死の現実を直視し、人生の儚さを知ることができます。また、この墓場には、さまざまな人々が埋葬されており、それぞれの人の人生を偲ぶことができます。さらに、この墓場は、ジャマイカの歴史を学ぶことができる場所でもあります。

タイトルとURLをコピーしました