クリムトの名作「アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像」

スポンサーリンク

クリムトの名作「アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像」

アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像とは。

* 「アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像」は、オーストリアの画家グスタフ・クリムトによる1907年の絵画です。
* 「Adele Bloch-Bauer I」という原題があり、裕福な実業家フェルディナンド・ブロッホ・バウアーの妻を描いています。
*金色を基調とした平面的で装飾的な絵画で、クリムトの代表作のひとつです。
*現在はニューヨークのノイエ・ガレリエに収蔵されています。

クリムトを代表する作品

クリムトを代表する作品

クリムトを代表する作品「アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像」

グスタフ・クリムトが描いた「アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像」は、クリムトを代表する作品の一つであり、世界で最も有名な絵画の一つでもあります。1907年に完成したこの肖像画は、裕福なユダヤ人銀行家であるフェルディナンド・ブロッホ・バウアー氏の妻、アデーレ・ブロッホ・バウアー氏を描いたものです。

クリムトは、アデーレ氏に金をちりばめた豪華なドレスを着せ、首には真珠のネックレスをつけました。絵画の背景は、金箔で覆われており、アデーレ氏の美しさと気品を強調しています。

「アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像」は、クリムトの画風の典型的な例です。この絵画では、クリムトの華麗な色使いと装飾的なスタイルが遺憾なく発揮されています。

「アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像」は、現在、オーストリアのウィーンにあるベルヴェデーレ宮殿に所蔵されています。この絵画は、毎年何百万人もの観光客が訪れる人気の観光スポットとなっています。

裕福な実業家の妻の肖像画

裕福な実業家の妻の肖像画

裕福な実業家の妻の肖像画

クリムトの名作「アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像」は、裕福な実業家の妻であるアデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像画です。この絵は、1907年にクリムトがアデーレに依頼されて描いたもので、クリムトの代表作の一つとして知られています。

アデーレは、オーストリアのウィーンで裕福な実業家の娘として生まれました。彼女は、1899年にフェルディナンド・ブロッホ・バウアーと結婚し、二人の子供をもうけました。フェルディナンドは、オーストリアの砂糖産業で成功を収め、アデーレは裕福な生活を送りました。

クリムトは、アデーレの肖像画を制作する際、アデーレの美しさを強調することに重点を置きました。クリムトは、アデーレの肌を白く、髪を金髪に描き、豪華な宝石や衣服で彼女を飾り立てました。この絵は、アデーレの美しさと裕福さを表現した傑作として知られています。

「アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像」は、第二次世界大戦中にナチス・ドイツに略奪されました。しかし、戦後アメリカ軍によって発見され、アデーレの姪であるマリア・アルトマンに返還されました。マリアは、2006年にこの絵を1億3500万ドルで売却し、これは当時としては絵画の最高落札価格となりました。

ニューヨーク、ノイエ・ガレリエ所蔵

ニューヨーク、ノイエ・ガレリエ所蔵

ニューヨーク、ノイエ・ガレリエ所蔵

クリムトの名作「アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像」は、ニューヨークのノイエ・ガレリエに所蔵されています。ノイエ・ガレリエは、2001年に開館した近代美術館で、オーストリアの美術品を収蔵しています。クリムトをはじめ、エゴン・シーレやオスカー・ココシュカの作品も展示されており、オーストリア美術の歴史をたどるのに最適な美術館です。

「アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像」は、クリムトが1907年に描いた作品で、同美術館の目玉作品の一つです。この作品は、アデーレ・ブロッホ・バウアーというウィーンのユダヤ人女性を描いたもので、クリムトの代表作の一つとされています。アデーレ・ブロッホ・バウアーは、クリムトのミューズであり、この作品はクリムトとアデーレの関係を垣間見ることができる貴重な作品です。

「アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像」は、縦110センチメートル、横81センチメートルのキャンバスに描かれた作品です。アデーレは、黒いドレスを着て、椅子に座っています。アデーレの顔は正面を向き、クリムト特有の金箔が顔や首に使用されています。アデーレの背景には、花や植物が描かれており、アデーレの美しさを引き立てています。

「アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像」は、クリムトの代表作の一つであり、ノイエ・ガレリエの目玉作品の一つです。この作品は、クリムトとアデーレの関係を垣間見ることができる貴重な作品であり、アデーレの美しさを永遠に閉じ込めた作品です。

タイトルとURLをコピーしました