半熟卵~フジテレビ系列で放送されたホームドラマ

スポンサーリンク

半熟卵~フジテレビ系列で放送されたホームドラマ

半熟卵とは。

半熟卵とは、1994年10月から12月までフジテレビ系列で放送された全10回の日本のテレビドラマです。ホームドラマとして制作され、脚本は梅田みか、主題歌は内田有紀が担当しました。篠ひろ子、内田有紀、田中律子などが出演しました。

フジテレビ系列で放送されたホームドラマ「半熟卵」

フジテレビ系列で放送されたホームドラマ「半熟卵」

フジテレビ系列で放送されたホームドラマ「半熟卵」は、1985年10月15日から1986年3月25日まで毎週火曜日の午後8時から放送された福田靖脚本のホームドラマです。

北朝鮮帰国子女の小学生が日本で学校に通うという内容で、今までのいわゆる「ホームドラマ」の主人公の家族が居場所を求めて移動するのに対し、固定した居場所から主人公が移動するスタイルの物語です。タイトルはドラマの中で家庭の団らんで卵を半分に割るところからつけられました。

また、この作品が若手だった陣内孝則を主人公に起用したことで、後のバブルの時代のドラマを作り上げていくスタイルを先取りしていました。このため、後に同じ火曜8時枠で放送された「教師びんびん物語」や「結婚しない族」などのバブル期のホームドラマでは、陣内孝則と同様に若い男女を主人公に起用するスタイルが目立つことになりました。

主演は篠ひろ子、内田有紀、田中律子

主演は篠ひろ子、内田有紀、田中律子

ホームドラマ「半熟卵」は、1994年7月4日から同年9月23日まで毎週月曜日2100 – 2154に、フジテレビ系列で放送されたテレビドラマである。主演は、篠ひろ子、内田有紀、田中律子。

篠ひろ子、内田有紀、田中律子の3人が演じる、3人の女子大生が共同生活をする物語である。一人暮らしを始めたいという希望のある女子大生が主人公である。そんな女子大生が3人で共同生活を始めることになり、3人の女子大生が共同生活をする中での恋愛や友情を描いた物語である。

脚本は梅田みか、主題歌は内田有紀が担当

脚本は梅田みか、主題歌は内田有紀が担当

フジテレビ系列で放送されたホームドラマ『半熟卵』は、梅田みかが脚本を担当し、内田有紀が主題歌を担当しました。梅田みかは、『家なき子』や『東京ラブストーリー』など、数々のヒットドラマの脚本を担当したことで知られる脚本家です。内田有紀は、本作の主題歌「愛されていたい」を担当し、高音域の歌声がドラマを盛り上げました。本作は、東京で暮らす20代の若者たちの恋愛や友情をリアルに描いた作品として人気を集め、高視聴率を記録しました。また、劇中に登場するファッションや音楽も話題となり、社会現象を巻き起こしました。

タイトルとURLをコピーしました