平成天才バカボン:懐かしのアニメを振り返る

スポンサーリンク

平成天才バカボン:懐かしのアニメを振り返る

平成天才バカボンとは。

平成天才バカボンは、1990年1月から12月までフジテレビ系列で放送された日本のテレビアニメ。赤塚不二夫原作の漫画「天才バカボン」の3度目のアニメ化作品。スタジオぴえろが制作し、富田耕生らが声優を務めた。

平成天才バカボンの概要

平成天才バカボンの概要

平成天才バカボンは、赤塚不二夫の人気ギャグ漫画『天才バカボン』を原作とした、日本のテレビアニメシリーズです。1990年3月11日から1992年11月26日まで、テレビ朝日系列局で毎週日曜1900-1930(JST)に放送されました。全136話。

本作は、バカボンのパパ、バカボンのママ、バカボン、ウナギイヌ、レレレのおじさんなど、原作に登場するおなじみのキャラクターたちが、さまざまな騒動を巻き起こすというストーリーです。また、本作オリジナルのキャラクターも登場し、原作とは異なる展開も多く見られます。

平成天才バカボンは、原作の持つギャグセンスを引き継ぎながらも、現代的な内容にアレンジされているため、原作ファンのみならず、幅広い世代に人気を博しました。また、本作のオープニングテーマ曲「天才バカボン」は、現在でも高い人気を誇る名曲として知られています。

平成天才バカボンのキャラクター

平成天才バカボンのキャラクター

平成天才バカボン平成天才バカボンのキャラクター

平成天才バカボンには、原作の天才バカボンと同様に、個性豊かでクセの強いキャラクターが数多く登場します。

まず挙げられるのが、バカボンとバカ田の父親であるバカ田桜太郎。バカボンからは「バカボンのパパ」と呼ばれ、バカ田からは「パパ」と呼ばれています。バカ田大学卒業後は、宝石店に勤めていましたが、すぐに辞めて無職となりました。基本的に無気力な性格ですが、たまにキレて短気な姿を見せることも。

次に挙げられるのが、バカボンとバカ田の母親であるバカ田よし子。バカボンからは「バカボンのママ」と呼ばれ、バカ田からは「ママ」と呼ばれています。極度な浪費家で、宝くじに当たったらすぐに全部使い果たしてしまうほどの性格。夫の桜太郎とは喧嘩が絶えません。

そして、忘れてはいけないのがバカボンの妹であるバカ田ハジメ。バカボンからは「バカボンの妹」と呼ばれ、バカ田からは「ハジメ」と呼ばれています。バカボンたち兄妹の中では一番常識人であり、時折兄たちに対してツッコミを入れ、文句を言うことも。

この他にも、バカボンの祖母であるバカボンのおばあちゃん、バカ田の祖父であるバカ田のおじいちゃん、バカボンの伯父であるバカ田タヌキなど、個性的なキャラクターが多数登場します。

平成天才バカボンのストーリー

平成天才バカボンのストーリー

「平成天才バカボン」は、1971年に赤塚不二夫氏によって書かれた漫画「天才バカボン」を原作とした、1997年に放映された日本のアニメーションテレビシリーズです。このアニメは、バカボンとその家族と隣人たちの日常を描いたコメディです。

バカボンは、いつもトラブルに巻き込まれている好奇心旺盛な少年です。彼の妹、ハジメちゃんは、しっかり者のお姉さんタイプです。彼らの父親、バカボンのパパは、いつも何かドジを踏んでいる、のんきな性格です。彼らの母親、バカボンのママンは、いつも息子たちのことを気にかけ守る、優しいお母さんタイプです。

バカボンたちの隣人は、いつもバカーボンと騒動を起こすことが多い、バカ田さんという善良な男です。バカ田さんには、バカ田夫人という奥さんがいて、彼女はバカ田さんのことをいつも愛し、バカ田さんのことをいつも気にかけています。

「平成天才バカボン」は、家族の絆と友愛の力について語る感動的なアニメです。このアニメは、子供たちから大人まで、幅広い年齢層にアピールする、ユーモアあふれるストーリーです。

タイトルとURLをコピーしました