「闇を斬る!大江戸犯科帳」の見どころ

スポンサーリンク

「闇を斬る!大江戸犯科帳」の見どころ

闇を斬る!大江戸犯科帳とは。

「闇を斬る!大江戸犯科帳」は、1993年3月から12月まで日本テレビ系列で放映された時代劇のテレビドラマです。全22回。原作は小川英さん、脚本は小川英さんほか、出演は里見浩太朗さん、西郷輝彦さん、田中好子さんほかです。

時代劇の醍醐味を味わえる

時代劇の醍醐味を味わえる

「時代劇の醍醐味を味わえる」

「闇を斬る!大江戸犯科帳」は、時代劇の醍醐味を存分に味わえる作品です。まず、時代考証がしっかりとしているので、江戸時代の雰囲気をリアルに感じることができます。町並み、衣装、小道具など、細部までこだわり抜かれており、まるでタイムスリップしたかのような気分を味わうことができます。

また、本作には魅力的なキャラクターが多数登場します。主人公の浪人・赤井剣之介は、剣の腕前は一流で、正義感が強く、人情味あふれる人物です。また、ヒロインのお茶屋「松葉屋」の娘・楓は、明るく元気な性格で、剣之介のよき理解者です。

他にも、剣之介の師匠である柳生十兵衛、剣之介の親友である伊賀忍者・霧隠才蔵、松葉屋の裏に住む怪盗・石川五右衛門など、個性豊かなキャラクターが活躍します。これらのキャラクターたちが織りなすドラマは、視聴者を飽きさせることがありません。

さらに、本作の見どころは、迫力満点の殺陣シーンです。剣之介は、愛刀「村雨丸」を駆使して、次々と敵を倒していきます。斬り合いシーンは、スピード感があり、迫力満点です。また、剣之介と敵の頭領との一騎打ちのシーンは、手に汗握る展開となっています。

「闇を斬る!大江戸犯科帳」は、時代劇の醍醐味を存分に味わえる作品です。江戸時代の雰囲気をリアルに感じることができる時代考証、魅力的なキャラクター、迫力満点の殺陣シーンなど、見どころ満載です。ぜひ、一度ご覧になってください。

里見浩太朗の熱演

里見浩太朗の熱演

里見浩太朗の熱演

「闇を斬る!大江戸犯科帳」の見どころの一つは、里見浩太朗の熱演である。里見浩太朗は、1936年生まれの俳優で、1954年に映画デビューを果たした。その後、数多くの映画やテレビドラマに出演し、2013年には文化功労者に選出された。

里見浩太朗は、本作で江戸の町を守る隠密同心・稲垣平蔵を演じている。稲垣平蔵は、頭が切れるだけでなく、剣術の腕も立つという設定である。里見浩太朗は、稲垣平蔵を演じるにあたり、殺陣の練習を積むなど、入念な準備を行った。その結果、里見浩太朗の稲垣平蔵は、原作のキャラクターに忠実でありながら、里見浩太朗らしさが出ている。

里見浩太朗の熱演は、本作をより魅力的なものにしている。里見浩太朗は、稲垣平蔵を演じることで、江戸時代の庶民の生活や、その時代を生きる人々の心情を視聴者に伝えている。里見浩太朗の熱演をぜひ堪能してほしい。

西郷輝彦と田中好子の共演

西郷輝彦と田中好子の共演

西郷輝彦と田中好子は、それぞれが主演を務めるテレビドラマシリーズ「大岡越前」と「水戸黄門」で、長年にわたって人気を博してきた日本を代表する俳優です。本作では、西郷輝彦が江戸時代の隠密調査官・小早川右近を、田中好子が右近の妻・お涼を演じ、夫婦で事件を解決していきます。二人がテレビドラマで共演するのは、これが初めてとなります。

俳優としての実力は申し分のない二人ですが、本作ではアクションシーンにも挑戦しています。西郷輝彦演じる小早川右近は、剣術と柔術の達人で、田中好子演じるお涼も、薙刀の使い手です。本格的な殺陣シーンが繰り広げられるため、劇中で二人ともアクションを披露する予定です。

ドラマの企画・原案を務めたのは、数々の時代劇ドラマを手掛けてきたベテラン脚本家です。本格的な時代劇ドラマでありながら、現代人にもわかりやすいエンターテインメント作品に仕上げています。西郷輝彦と田中好子の共演をはじめ、見どころ満載の時代劇ドラマとなっています。

タイトルとURLをコピーしました