ヒストリエ-大いなる叙事詩の物語

スポンサーリンク

ヒストリエ-大いなる叙事詩の物語

ヒストリエとは。

「ヒストリエ」は、岩明均さんが描く歴史をテーマとした漫画作品です。紀元前4世紀の世界を舞台に、マケドニア王国の王であるアレクサンドロス大王に仕えたエウメネスという書記官の一生を描いています。「アフタヌーン」の2003年3月号から連載が開始され、2010年の第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞と、2012年の第16回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞しました。

紀元前の世界を駆け抜けるアレクサンドロスの生涯

紀元前の世界を駆け抜けるアレクサンドロスの生涯

紀元前の世界を駆け抜けるアレクサンドロスの生涯

紀元前356年、ギリシャ北部のマケドニア王国にアレクサンドロス大王が誕生しました。彼は幼い頃から優れた知性と武勇で知られ、13歳のときにはアリストテレスを師と仰ぎ、哲学や政治学、軍事学を学びました。

アレクサンドロスは20歳のときに父であるフィリッポス2世が暗殺され、王位を継承しました。彼はすぐにギリシャ諸都市を征服し、紀元前334年にペルシャ帝国に侵攻しました。アレクサンドロスはペルシャ軍を次々と撃破し、紀元前331年にはペルシャ帝国の首都スサを占領しました。

アレクサンドロスはさらに東進を続け、インドまで遠征しました。しかし、紀元前323年にバビロニアで病死しました。享年32歳でした。

アレクサンドロスの死後、彼の帝国は部将たちによって分割され、ヘレニズム諸国が誕生しました。ヘレニズム諸国はギリシャ文化を広め、東西の文化を融合させた重要な役割を果たしました。

アレクサンドロスは、世界史上の最も偉大な征服者の一人であり、彼の功績は今日でも語り継がれています。彼は、優れた軍事戦略家であり、カリスマ性にあふれた指導者でした。アレクサンドロスの生涯は、勇気と野心、そして運命の物語です。

書記官エウメネスによる壮大な叙事詩

書記官エウメネスによる壮大な叙事詩

書記官エウメネスによる壮大な叙事詩

ヒストリエは、紀元前4世紀のギリシャの歴史家ヘロドトスが書いた壮大な叙事詩です。エウメネスはヘロドトスの書記官であり、ヒストリエの執筆に協力したと考えられています。ヒストリエは、ヘロドトスがペルシア戦争を取材して書き上げたもので、古代ギリシャの歴史を知る上で欠かせない貴重な資料となっています。

ヒストリエは、ペルシャ帝国の台頭と衰退、ギリシャとペルシャの戦争、ギリシャ世界の文化や社会について詳しく述べています。エウメネスは、ヘロドトスの叙述を手伝うだけでなく、独自の視点からペルシア戦争を記録し、ヒストリエに組み込んだと考えられています。

エウメネスの叙述は、ヘロドトスの叙述よりも客観的で、ペルシャ側の視点に立ったものとなっています。エウメネスは、ペルシャ王クセルクセス1世の遠征や、ギリシャ軍との戦いを詳細に記録しています。また、エウメネスは、ペルシャの文化や社会についても詳しく述べており、ヒストリエは古代ペルシャを知る上で貴重な資料となっています。

エウメネスによるヒストリエの叙述は、ヘロドトスの叙述を補完するものであり、古代ギリシャの歴史を知る上で欠かせない貴重な資料となっています。エウメネスの叙述は、客観的で、ペルシャ側の視点に立ったものであり、古代ペルシャを知る上で貴重な資料となっています。

メディア芸術祭と手塚治虫文化賞をW受賞

メディア芸術祭と手塚治虫文化賞をW受賞

「ヒストリエ-大いなる叙事詩の物語」は、メディア芸術祭マンガ部門優秀賞と、第24回手塚治虫文化賞マンガ大賞をダブル受賞という栄誉に輝いた。この作品は、古代ペルシアを舞台に、アルサデスという男の壮大な人生を描いた、壮大な歴史叙事詩である。

作者の岩明均氏は、この作品を描くために膨大な資料を読み込み、古代ペルシアの歴史と文化を徹底的に研究した。その結果、この作品は非常にリアリティのあるものとなり、読者からの評価も非常に高い。

メディア芸術祭は、優れたアニメーション作品や漫画作品、ゲーム作品などを選出する日本の賞である。手塚治虫文化賞は、漫画家の手塚治虫氏の業績を記念して設立された賞で、優れた漫画作品を表彰する。これらの賞をダブル受賞したことは、この作品の高い評価を証明するものだと言える。

「ヒストリエ-大いなる叙事詩の物語」は現在、漫画雑誌「ビッグコミックスピリッツ」で連載中である。単行本は、現在19巻まで発売されており、累計発行部数は300万部を超えている。この作品は、アニメ化や実写映画化も予定されており、今後の展開が期待されている。

タイトルとURLをコピーしました