河内おとこ節の歴史と魅力

スポンサーリンク

河内おとこ節の歴史と魅力

河内おとこ節とは。

「河内おとこ節」は、1989年に中村美律子が歌った女性演歌の楽曲です。作詞は石本美由起、作曲は岡千秋が行っています。

河内おとこ節とは

河内おとこ節とは

河内おとこ節とは

河内おとこ節は、大阪府八尾市に伝わる民謡で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。河内おとこ節は、江戸時代初期に、八尾市の農民たちが、田植えや稲刈りの際に歌っていた労働歌が起源とされています。河内おとこ節は、力強く、勇壮なリズムが特徴で、河内男節とも呼ばれます。河内おとこ節は、八尾市の郷土芸能として、現在もなお、多くの人々に親しまれています。

河内おとこ節は、主に男性が歌う民謡で、河内音頭とも呼ばれます。河内おとこ節は、三味線や太鼓の伴奏に合わせて歌われます。河内おとこ節の歌詞は、主に、恋愛や人生の苦労などを歌ったものが多く、河内男節の歌詞は、江戸時代初期の世相を反映したものが多いと言われています。河内おとこ節は、八尾市の郷土芸能として、現在もなお、多くの人々に親しまれています。

河内おとこ節の歴史

河内おとこ節の歴史

河内おとこ節の歴史

河内おとこ節は、大阪府と奈良県を流れる大和川を中心とした河内地域に伝わる民謡です。江戸時代中期に、河内平野の農民たちが田植えや稲刈りの際に唄い始めたとされています。河内おとこ節は、男の意気や苦労を唄った歌詞が特徴で、日本三大民謡のひとつに数えられています。昭和48年(1973)には、河内音頭とともに重要無形民俗文化財に指定されました。

河内おとこ節は、河内地域に古くから伝わる「河内音頭」を起源としています。河内音頭は、江戸時代初期に、河内平野の農民たちが田植えや稲刈りの際に唄い始めたとされています。河内音頭は、男女が掛け合いで唄うのが特徴で、河内おとこ節は、河内音頭の男声部分を独立させたものです。

河内おとこ節は、明治時代以降に河内地域以外でも唄われるようになりました。昭和初期には、河内おとこ節を唄う歌手が全国的に活躍するようになり、日本三大民謡のひとつに数えられるようになりました。昭和48年(1973)には、河内音頭とともに重要無形民俗文化財に指定され、現在では河内地域の伝統芸能として親しまれています。

河内おとこ節の魅力

河内おとこ節の魅力

河内おとこ節の魅力

河内おとこ節の魅力は、その歌詞とメロディーにあります。歌詞は、河内の男の生き様や、河内地方の風土や人情を歌ったもので、力強く、豪快なメロディーは、河内地方の男の気質を表現しています。また、河内おとこ節は、三味線や太鼓などの楽器を伴奏に、河内地方の民謡や端唄などを組み合わせて演奏されることが多いのも特徴です。このため、河内おとこ節は、河内地方の文化を色濃く反映した伝統芸能として、多くの人々に愛されています。

河内おとこ節の魅力は、その歌詞とメロディー以外にも、その歌い方にもあります。河内おとこ節は、河内地方の男たちが、酒を飲みながら、大声で歌うことが多く、その歌い方は、河内地方の男の気質を表現しています。また、河内おとこ節は、河内地方の民謡や端唄などを組み合わせて演奏されることが多いので、河内地方の文化を色濃く反映した伝統芸能として、多くの人々に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました