ジョルジョ・デ・キリコ「偉大な形而上学者」の歴史と意味

スポンサーリンク

ジョルジョ・デ・キリコ「偉大な形而上学者」の歴史と意味

偉大な形而上学者とは。

1917年にイタリアの画家ジョルジョ・デ・キリコが描いた作品「偉大な形而上学者」は、形而上絵画の代表作として知られています。この作品は、ニューヨーク近代美術館に所蔵されており、キリコが形而上絵画の創始者であることを示しています。

形而上絵画の誕生

形而上絵画の誕生

形而上絵画の誕生

ジョルジョ・デ・キリコは、20世紀初頭にイタリアで生まれた芸術運動である形而上絵画の創始者である。形而上絵画とは、現実をありのままに写すのではなく、その内面の真実を表現することを目的とした絵画である。キリコは、形而上絵画を「形而上学的で哲学的な絵画」と呼び、その目的は「現実の詩的価値を明らかにすること」であると述べている。

キリコは、形而上絵画を制作するために、様々な実験的な技法を用いた。その一つが、コラージュ技法である。キリコは、異なる質感や色の紙や布を組み合わせることで、現実にはあり得ないような不思議な空間を作り出した。例えば、キリコの代表作の一つである「愛の歌」(1912年)では、夕暮れ時の広場に、頭のない彫像や、時計や帽子などが並んでいる。この絵は、コラージュ技法によって、現実と夢が混在するような奇妙な空間を作り出している。

キリコはまた、遠近法や明暗法を無視した絵画も制作した。例えば、キリコの代表作の一つである「エニグマ的な午後のひととき」(1910年)では、建物や人物が、遠近法を無視して同じ大きさで描かれている。また、明暗法も無視されており、建物や人物は、すべて同じように明るい光に照らされている。この絵は、遠近法や明暗法を無視することで、現実とは異なる、人工的な空間を作り出している。

キリコは、形而上絵画を制作するために、様々な実験的な技法を用いた。コラージュ技法や、遠近法や明暗法を無視した絵画などである。これらの技法によって、キリコは、現実と夢が混在するような奇妙な空間を作り出した。形而上絵画は、20世紀初頭の芸術界に大きな影響を与え、シュルレアリスムや抽象表現主義などの後の芸術運動に道を切り開いた。

キリコと「偉大な形而上学者」

キリコと「偉大な形而上学者」

キリコと「偉大な形而上学者」

1917年、ジョルジョ・デ・キリコは、ミラノの国立近代美術館で個展を開催しました。この展覧会は、芸術界にセンセーションを巻き起こし、キリコを一躍有名にしました。展覧会に出品された作品は、それまでとは全く異なるものでした。それは、現実の風景をそのまま描いたものではなく、夢のような、幻想的な風景画でした。キリコは、この新しい画風を「形而上学絵画」と呼びました。

形而上学絵画の特徴は、現実の風景をそのまま描いたものではなく、夢のような、幻想的な風景画であることです。また、キリコは、この絵画の中で、人間の存在を暗示するような、謎めいた記号を多く用いています。例えば、彼の作品には、よく時計やマヌカンが登場します。これらの記号は、人間の存在の無意味さと孤独さを暗示しています。

キリコの形而上学絵画は、シュールレアリスムの先駆者としての地位を確立しました。シュールレアリスムは、夢や無意識の世界を表現した芸術運動ですが、キリコの作品は、シュールレアリストたちの作品に大きな影響を与えました。また、キリコの形而上学絵画は、後の現代美術にも大きな影響を与えています。キリコは、20世紀を代表する最も重要な芸術家の一人として高く評価されています。

作品の意味と影響

作品の意味と影響

ジョルジョ・デ・キリコの作品は、その独特なスタイルと象徴的な意味で、美術史において重要な位置を占めています。デ・キリコの作品は、彼自身の経験や記憶、そしてギリシャ神話や古代の哲学に影響を受けており、それらは彼の作品に独特の雰囲気を与えています。

デ・キリコの作品は、しばしば意味深長で、見る人の解釈を誘うものです。彼の作品は、現実と夢、過去と現在、意識と無意識の境界線を曖昧にし、見る人に独自の解釈を委ねています。デ・キリコの作品は、シュルレアリスム運動に大きな影響を与え、マックス・エルンスト、イヴ・タンギー、サルバドール・ダリなど、多くのシュルレアリストにインスピレーションを与えました。

デ・キリコの作品は、世界中の美術館で展示されており、その作品は世界中で高く評価されています。彼は、20世紀を代表する最も重要な芸術家の1人とされており、彼の作品は、今もなお多くの美術愛好家や批評家から賞賛されています。

タイトルとURLをコピーしました