知念実希人ミステリー小説「ひとつむぎの手」

スポンサーリンク

知念実希人ミステリー小説「ひとつむぎの手」

ひとつむぎの手とは。

「ひとつむぎの手」は、知念実希人が2018年に出版したミalantaテリー小説です。

ストーリー概要

ストーリー概要

-ストーリー概要-

知念実希人氏の最新ミステリー小説「ひとつむぎの手」は、日本の田舎町を舞台としたサスペンスフルな物語です。主人公は、町に住む高校生、小倉翔太。彼はある日、幼い頃に行方不明になった姉の消息を知るために、町を後にします。

翔太が消息を絶った姉の足跡をたどるうちに、町に隠された驚愕の秘密に巻き込まれていきます。町の人々は、誰もが何かを隠しているようで、翔太は真実を暴くために、様々な困難に立ち向かわなければなりません。

やがて、翔太は姉の失踪と、町に隠された秘密が、実は深く絡み合っていることに気づきます。事件の真相を追うにつれて、翔太は自分の家族や友人、そして町そのものに対する認識を揺さぶられていくことになります。

登場人物紹介

登場人物紹介

登場人物紹介

主人公の竹内美緒は、20代の女性で、大手出版社に勤めている。彼女は、とあるきっかけで、祖母が住む離島を訪れることになった。その島で、美緒は、祖母の手帳に書かれた謎の文字に興味を持ち、その解明に乗り出す。

もう一人の主人公である知念実希人は、その島に住む古老である。彼は、島にある古文書に詳しい人物で、美緒にその解明を手伝うことになった。

また、島には、美緒の幼馴染である友人が住んでいる。彼は、美緒と一緒に謎を解いていくことになる。

さらに、島には、美緒の祖母が世話になっている看護師がいる。彼女は、美緒に島の歴史や風習などを教えてくれる。

そして、島には、謎の男がいる。彼は、島に不自然に現れた人物で、美緒の祖母と何らかの関係があるらしい。

これらの人物が、美緒の手帳に書かれた謎の文字を解き明かしていく。

作品の魅力

作品の魅力

知念実希人氏の最新作ミステリー小説「ひとつむぎの手」が、大きな話題を呼んでいます。この作品の魅力は、何といってもその独創的な世界観にあります。

舞台は、架空の島国・神津島。この島には、古くから「ひとつむぎ」と呼ばれる呪いが伝えられています。ひとつむぎとは、人の魂を奪い、その姿に変身する化け物のこと。呪われた者は、やがてひとつむぎとなり、島の人々を襲うのです。

主人公の少年・奏多は、このひとつむぎの呪いに翻弄されることになります。奏多は、幼い頃に両親を亡くし、祖父母に育てられました。しかし、祖父母もひとつむぎに襲われてしまい、奏多は一人残されてしまいます。

ひとりぼっちになった奏多は、島を徘徊するようになります。そして、ある日、奏多は不思議な少女に出会います。少女の名は、紬。紬は、奏多と同じく、ひとつむぎの呪いに苦しんでいました。

奏多と紬は、力を合わせて、ひとつむぎの呪いを解こうと決意します。二人は、島中を巡り、呪いの謎を解き明かしていきます。そして、ついに、奏多と紬は、ひとつむぎの呪いの正体を知ることになります。

ひとつむぎの呪いの正体は、島の神々が人間に与えた試練でした。神々は、人間が強くなるために、ひとつむぎという試練を与えたのです。奏多と紬は、この試練を乗り越え、ひとつむぎを倒すことができました。

奏多と紬は、ひとつむぎの呪いを解き明かしたことで、島の英雄となりました。二人は、島の人々から尊敬され、幸せに暮らしました。

タイトルとURLをコピーしました