付喪神の妖怪「払子守」とは

スポンサーリンク

付喪神の妖怪「払子守」とは

払子守とは。

払子守は、江戸時代に活躍した画家・鳥山石燕の画集「画図百器徒然袋」に描かれている妖怪です。払子の化け物とされていますが、付喪神(日常の品物に霊が入り込んで変化したもの)という説もあります。

付喪神って何?

付喪神って何?

付喪神とは、何らかの物に長年宿った霊魂が化けたもののけのことを指します。古くから伝えられる日本の妖怪の一種ですが、海外の妖怪研究家達にも注目されています。さまざまな種類の付喪神が存在しますが、その中でも、室町時代後期から江戸時代の初めに活躍したという妖怪「払子守」は、特に有名な存在です。

払子守は、長い年月をかけて、寺社の払子(法事の際などに僧侶が用いる仏具)に霊魂が宿って化けたものです。払子守は、神社仏閣の周りで、夜中に払い子を振り回す姿が目撃され、その姿は、恐怖心を抱かせるものがありました。また、夜中に神社仏閣の敷地内に入ってきた人を払い子で叩くこともあると伝えられています。

鳥山石燕と「画図百器徒然袋」

鳥山石燕と「画図百器徒然袋」

鳥山石燕は、江戸時代中期に活躍した浮世絵師であり、妖怪画の第一人者として知られています。彼の代表作である「画図百器徒然袋」は、1776年に出版された妖怪画集であり、そこに描かれた妖怪は、多くの人々に親しまれています。

「払子守」も、「画図百器徒然袋」に描かれた妖怪の一種です。これは、寺院の掃除用具である払子に取り憑いた妖怪であり、払子を振り回して人々を襲います。払子守は、長い舌が特徴であり、この舌で人々をからめとってしまいます。

鳥山石燕の妖怪画は、そのユーモラスなタッチと、妖怪の生態を巧みに表現した絵柄で人気を博しました。「払子守」も、そのユニークな姿から、多くの人々に親しまれている妖怪の一つです。

払子守の特徴と生態

払子守の特徴と生態

-払子守の特徴と生態-

払子守は、柄の先に馬の尾の毛を房状につけた払子を武器とする妖怪です。寺院の鐘楼に住み、鐘を撞く際に、その音で眠りを妨げられ、怒って人間を襲うと言われています。また、払子守は、寺の境内で、人々を驚かせて、逃げ出したところを襲うともされています。

払子守は、片手に払子を持ち、もう片方の手に、人間の頭骨を握っている姿で描かれることが多いです。頭骨は、鐘を撞いた際に、その音の激しさで、人間の頭が割れて、飛び散ったものを、払子守が拾い集めて、自分の武器として使っていると言われています。払子守は、鐘の音を嫌うため、寺に近づく人間を、払子で襲うこともあります。払子守は、水辺を好むと言われており、川の近くに住んでいることが多いです。夜行性であり、満月の夜は、特に活動が活発になると言われています。

タイトルとURLをコピーしました