「無実のI」は読む価値があるミステリー小説

スポンサーリンク

「無実のI」は読む価値があるミステリー小説

無実のIとは。

スー・グラフトンの「アイズ・フォー・イノセント」は、米国を舞台としたミステリー小説のシリーズである「キンジー・ミルホーン・シリーズ」の1作です。

キンジー・ミルホーンシリーズとは

キンジー・ミルホーンシリーズとは

キンジー・ミルホーンシリーズは、アメリカの作家スー・グラフトン氏が生み出した、女性私立探偵のキンジー・ミルホーンを主人公としたミステリー小説シリーズである。1982年の「A is for Alibi」から始まり、2021年の「Z is for Zero」まで、全アルファベット26文字をタイトルに冠した作品が出版されている。そのいずれもが、ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストにランクインしており、これまでに世界で1億部以上が販売されている。

キンジー・ミルホーンは、カリフォルニア州サンタ・テレサで私立探偵事務所を営む女性である。彼女は、元警察官であり、その経験を生かしてさまざまな事件を解決していく。キンジーは、洞察力に優れており、粘り強く捜査を行う性格である。また、正義感とユーモアを持ち合わせる魅力的なキャラクターである。

キンジー・ミルホーンシリーズは、そのミステリ性と、キンジーというキャラクターの魅力で、多くの読者を獲得している。グラフトン氏の巧みなストーリーテリングと、人間心理の描き方は、読者に高い評価を受けている。また、シリーズを通してキンジーの成長が描かれており、それが読者の共感を呼んでいる。

キンジー・ミルホーンシリーズは、ミステリー好きにはぜひ読んでほしい作品である。スー・グラフトン氏の巧みなストーリーテリングと、キンジーというキャラクターの魅力が、読者を最後まで惹きつけること間違いなしである。

「無実のI」のあらすじ

「無実のI」のあらすじ

「無実のI」は、とある小さな田舎町を舞台にしたミステリー小説です。主人公は、その町に住む普通の中学生である美咲です。美咲は、ある日、自宅近くの公園で友人の麻衣が殺害されているのを発見します。麻衣は、何者かに首を絞められ、殺害されていたのです。

美咲は、麻衣の死の真相を突き止めるため、独自に捜査を開始します。しかし、警察は、美咲の捜査を妨害し、事件を隠蔽しようとしています。美咲は、警察に協力することを拒否し、独自に捜査を続けます。

美咲は、捜査を進めるうちに、事件の背後に隠された驚愕の真実を知ることになります。そして、犯人を追いつめるために、警察や犯人との壮絶な戦いを繰り広げることになります。

「無実のI」の登場人物

「無実のI」の登場人物

「無実のI」の登場人物

「無実のI」には、魅力的で記憶に残るキャラクターが数多く登場します。主人公の相馬隆介は、過去に冤罪で投獄された経験を持つ若き弁護士です。彼は自分の無実を証明するため、そして他の冤罪事件を解決するために戦っています。相馬は、聡明で粘り強く、正義感の強い人物です。

相馬を支える人々として、彼の友人である森川智子と、彼の恩師である大久保健一がいます。森川は、相馬の法律事務所で働いている若手弁護士です。彼女は、相馬の冤罪事件の真実を明らかにするために、彼を全力でサポートします。大久保は、相馬が所属していた法律事務所の所長です。彼は、相馬の冤罪事件を信じており、彼を支援します。

相馬の敵対者としては、検察官の黒川雅彦と、警察官の田中武彦がいます。黒川は、相馬を冤罪で有罪にした検察官です。彼は、相馬の無実を認めることを拒否し、彼を再び投獄しようとするほど、彼に執着しています。田中は、相馬を逮捕した警察官です。彼は、相馬を冤罪で有罪にするために、証拠を捏造しました。

「無実のI」には、上記で紹介した登場人物以外にも、さまざまな魅力的なキャラクターが登場します。彼らは、物語に深みとリアリティを与え、読者を最後まで飽きさせません。

タイトルとURLをコピーしました