「大好き!五つ子〈3〉」見どころと感想

スポンサーリンク

「大好き!五つ子〈3〉」見どころと感想

大好き!五つ子〈3〉とは。

「大好き!五つ子〈3〉」は、TBS系列で放送された昼ドラです。愛の劇場枠で、2001年7月から8月まで放送されました。全30回です。森尾由美、新井康弘らが出演しました。「大好き!五つ子」シリーズの第3作です。

心温まる家族愛の物語

心温まる家族愛の物語

「心温まる家族愛の物語」

「大好き!五つ子」は、五つ子の姉妹が主人公のアニメーション作品です。五つ子はそれぞれ異なる性格や特技を持っており、いつも仲良く楽しく暮らしています。そんな彼女たちのもとに、突然両親が亡くなってしまうという悲しい出来事が起こります。しかし、五つ子は悲しみに暮れることなく、お互いに支え合いながら強く生きていきます。

五つ子は、それぞれに悩みや問題を抱えています。長女の咲良は、両親の死を乗り越えようと必死で頑張っていますが、なかなかうまくいきません。次女の楓は、成績優秀で学校では人気者ですが、実は自分に自信がありません。三女の凛は、スポーツ万能で活発な性格ですが、本当は寂しがり屋です。四女の美咲は、おっとりした性格でマイペースですが、実はとてもしっかりしています。五女の由佳は、天真爛漫で無邪気な性格ですが、実は意外と芯が強いです。

そんな五つ子は、お互いに支え合いながら、強く生きていきます。彼女たちの家族愛は、見る人を感動させること間違いありません。

森尾由美さん、新井康弘さんをはじめ実力派俳優が出演

森尾由美さん、新井康弘さんをはじめ実力派俳優が出演

「森尾由美さん、新井康弘さんをはじめ実力派俳優が出演」

「大好き!五つ子〈3〉」には、森尾由美さん、新井康弘さんをはじめ、実力派俳優が出演しています。森尾由美さんは、五つ子を演じる女優陣のお母さん役を演じています。新井康弘さんは、五つ子たちが通う学校の校長先生役を演じています。

森尾由美さんは、ドラマや映画で活躍する人気女優です。近年では、連続テレビ小説「半分、青い。」に出演し、主人公の母親役を演じて話題になりました。新井康弘さんは、舞台や映画で活躍する俳優です。最近は、映画「万引き家族」に出演し、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞しました。

森尾由美さんと新井康弘さんは、どちらもベテラン俳優で、演技力に定評があります。そんな二人が共演する「大好き!五つ子〈3〉」は、見ごたえのある作品になること間違いなしです。

全30回で展開される感動のストーリー

全30回で展開される感動のストーリー

「大好き!五つ子〈3〉」は、全30回にわたる感動のストーリーです。この物語は、五つ子の姉妹である一花、二乃、三玖、四葉、五月が、風太郎という家庭教師との出会いを通じて成長していく姿を描いています。

五つ子姉妹は、それぞれ異なる性格と特徴を持っています。一花は、リーダー格で責任感の強い性格です。二乃は、姉御肌で面倒見の良い性格です。三玖は、クールでミステリアスな性格です。四葉は、明るく元気な性格です。五月は、天然でマイペースな性格です。

家庭教師の風太郎は、勉強が得意で性格も真面目ですが、人付き合いが苦手でコミュ障気味な性格です。そんな風太郎が五つ子姉妹と出会い、彼女たちと過ごすうちに、少しずつ成長していきます。

五つ子姉妹と風太郎の物語は、笑いあり涙ありの感動のストーリーです。五つ子姉妹がそれぞれの課題を乗り越え、成長していく姿に勇気をもらえることでしょう。また、風太郎と五つ子姉妹の恋模様にも注目です。

タイトルとURLをコピーしました