「アイ’ム ホーム」とは? 家族の絆を問う感動作

スポンサーリンク

「アイ’ム ホーム」とは? 家族の絆を問う感動作

アイ’ム ホームとは。

「アイ’ム ホーム」は石坂啓が描いた漫画です。記憶を失った男が、離婚した前妻とその娘の家族と仮面を被ったように見える今の家族の間で揺れ動きます。そして、家族とは何かを見つめ直そうとします。この漫画は「ビッグコミックオリジナル」に、1997年7月から1998年12月まで連載されました。小学館ビッグコミックス全2巻で発売されています。また、1999年の第3回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で大賞を受賞しました。さらに、2004年と2015年にドラマ化されています。

記憶喪失の主人公が直面する家族の葛藤

記憶喪失の主人公が直面する家族の葛藤

この心温まる家族ドラマは、記憶喪失に苦しむ主人公である健太郎を中心に展開します。事故の後、健太郎は妻と娘のことを忘れてしまいます。彼は目覚めたとき、見知らぬ人々や新しい生活に囲まれており、戸惑いを感じます。健太郎は記憶を取り戻すために奮闘しますが、その過程で家族の間に亀裂が生じていきます。妻は夫を、娘は父親を理解できずに苦悩します。

健太郎が記憶を失ったことで、家族の絆が試されることになります。妻は夫を献身的に介護しますが、次第に疲労と孤独感に苛まれるようになります。娘は父親を忘れてしまったことに怒り、悲しみます。そして、健太郎自身も、自分の家族と過ごした大切な日々を忘れたことに苦しみます。

しかし、健太郎の記憶喪失は、家族の絆をより強くするきっかけともなります。妻と娘は、健太郎を支えようと協力し合い、健太郎もまた、家族のぬくもりを感じながら少しずつ記憶を取り戻していきます。やがて、健太郎は家族の絆の大切さに気づき、家族との幸せな生活を取り戻すことができます。

離婚した前妻と娘との再会

離婚した前妻と娘との再会

「離婚した前妻と娘との再会」

「アイ’ム ホーム」は、家族の絆を問う感動作です。主人公の良介は、仕事に没頭するあまり、妻の美咲と娘の七海に十分な愛情を注げず、離婚してしまいます。しかし、ある日、良介は美咲と七海が事故に遭ったことを知り、病院に駆けつけます。そこで、美咲が亡くなったことを告げられ、七海も意識不明の重体であることを知ります。

良介は、七海の病床で「アイ’ム ホーム」と声をかけ続けます。それは、七海に意識を取り戻してほしいという願いであり、また、自分が七海の父親として帰ってきたことを告げるメッセージでもありました。七海は、良介の声に呼応するかのように、ついに目を覚まします。

仮面を被った今の家族との対峙

仮面を被った今の家族との対峙

「仮面を被った今の家族との対峙」

現代の家族は、仮面を被って生きている。仕事や学校、社会で求められる顔、そして家族の中ではまた別の顔。本当の自分を出せる場所はどこにあるのか。そんな現代の家族のあり方を問うのが、映画「アイ’ム ホーム」だ。

主人公は、仕事一筋で家族をないがしろにしてきた父親。ある日、彼は突然リストラされてしまい、失意の中で家に戻る。しかし、そこには妻と娘の姿はなく、家はもぬけの殻だった。途方に暮れた彼は、娘の残したノートを見つける。そこには、娘が父親への不満と愛情が綴られていた。

父親は、娘のノートを読みながら、自分が家族をないがしろにしてきたことを悔やむ。そして、家族を取り戻すために奮闘する。しかし、それは簡単ではなかった。妻は離婚を要求し、娘は父親を拒絶する。それでも父親は諦めず、家族との絆を取り戻すために努力を重ねる。

やがて、父親の努力が実り、家族は再び一つになる。しかし、それは以前と同じ家族ではない。仮面を被った家族ではなく、本当の自分を出せる家族になったのだ。

タイトルとURLをコピーしました