ジェス・グリン「ホールド・マイ・ハンド」徹底解説

スポンサーリンク

ジェス・グリン「ホールド・マイ・ハンド」徹底解説

ホールド・マイ・ハンドとは。

ホールド・マイ・ハンドは、イギリスの女性シンガーソングライター、ジェス・グリンが2015年にリリースした楽曲です。同年発売のセカンド・アルバム『アイ・クライ・ホウェン・アイ・ラフ』に収録されています。

ジェス・グリンとはどんなアーティスト?

ジェス・グリンとはどんなアーティスト?

ジェス・グリンとはどんなアーティスト?

ジェス・グリンは、イギリスの歌手、ソングライターです。1990年12月27日にロンドンに生まれ、幼い頃から音楽に親しんでいました。15歳の時にギターを弾き始め、16歳の時にはソングライティングを始めました。その後、地元のパブやクラブで演奏を始め、2011年にメジャーデビューを果たしました。2012年にはブリット・アワードの新人賞を受賞し、一躍トップアーティストの仲間入りを果たしました。

ジェス・グリンの音楽は、ソウル、R&B、ポップスを融合したスタイルが特徴です。彼女の歌声は力強く、ソウルフルで、多くのファンを魅了しています。歌詞は、恋愛や人生についてを歌ったものが多く、共感を呼ぶものが多いです。ジェス・グリンは、ライブパフォーマンスでも定評があり、その圧倒的な歌唱力とステージングは必見です。

「ホールド・マイ・ハンド」はどんな曲?

「ホールド・マイ・ハンド」はどんな曲?

小見出し「ホールド・マイ・ハンド」はどんな曲?

「ホールド・マイ・ハンド」は、2021年5月21日にリリースされたジェス・グリンの楽曲です。この曲は、グリンと彼女の友人であるエド・シーランとジョニー・マクデイドによって書かれ、マクデイドによってプロデュースされました。この曲は、失恋と希望をテーマにした軽快なポップソングです。歌詞は、グリンが困難な時期を乗り越えて新しい人生を始めることを決意する気持ちを歌っています。

この曲は、グリンのデビューアルバム「フランク」からのリードシングルとしてリリースされました。アルバムは批評家から高い評価を受け、全英チャートで1位を獲得しました。シングル「ホールド・マイ・ハンド」も同様に成功し、全英チャートで6位にランクインしました。

この曲は、そのキャッチーなメロディと力強い歌詞で多くのファンを獲得しました。グリンのパワフルなボーカルと、エド・シーランとジョニー・マクデイドの繊細な伴奏が、この曲をより魅力的にしています。この曲は、世界中の多くのラジオ局でヘビーローテーションされ、2021年のヒット曲の一つとなりました。

「ホールド・マイ・ハンド」の歌詞の意味

「ホールド・マイ・ハンド」の歌詞の意味

「ホールド・マイ・ハンド」の歌詞の意味

ジェス・グリンの「ホールド・マイ・ハンド」は、愛と喪失、そして人生が私たちに投げかけるさまざまな困難を乗り越える力について歌った美しいラブソングです。この歌詞は、愛し合う二人の人が直面する課題と、たとえ困難があってもお互いに対して忠実であり続けることの重要性を探求しています。

この歌詞は、語り手が愛する人に「ホールド・マイ・ハンド」と歌いかけることから始まります。これは、彼女が彼に寄り添い、彼を支え、彼が苦しみを乗り越えるのを助けることを約束していることを示しています。サビでは、「私たちは共にこの暗い時代を乗り越えることができる」と歌い、二人が力を合わせて困難を乗り越えていけるという確信を表現しています。

歌詞にはまた、愛し合う二人が直面する課題も描かれています。語り手は、愛する人が「痛みと悲しみを通り抜けてきた」と歌っています。これは、二人が困難な状況を経験しており、それが彼らの関係に負担をかけていることを示唆しています。しかし、彼女は「私はいつもここにいる」と歌い、たとえ困難があっても彼を支え続けることを約束しています。

この歌詞は、愛と喪失、そして人生が私たちに投げかけるさまざまな困難を乗り越える力について歌った美しいラブソングです。ジェス・グリンの力強いボーカルと歌詞の詩的な言葉遣いは、この曲をとても感動的なものにし、多くの人々の共感を呼んでいます。

タイトルとURLをコピーしました