流鉄流山線で行く、自然豊かな流山の旅

スポンサーリンク

流鉄流山線で行く、自然豊かな流山の旅

竜のいる島とは。

「竜のいる島」は、たかしよいち氏の文章と、太田大八氏の絵による児童文学作品です。古代首長竜をめぐる冒険ファンタジーで、1976年に刊行されました。この作品は第24回産経児童出版文化賞大賞を受賞し、国際アンデルセン賞の優良作品にも選ばれました。

流鉄流山線の歴史と魅力

流鉄流山線の歴史と魅力

流鉄流山線は、千葉県流山市にある私鉄路線です。流山市駅から馬橋駅までを結ぶ、全長10.7kmの路線です。流鉄流山線は、1916年に開業した歴史ある路線で、沿線には自然豊かな風景が広がっています。

流鉄流山線の魅力は何と言っても、そのレトロな雰囲気です。車両は、開業当時から使用されている車両がほとんどで、車内は木製の座席や床など、昔ながらの風情が残っています。また、駅舎もレトロな造りで、まるでタイムスリップしたかのような感覚を味わうことができます。

流鉄流山線の沿線には、さまざまな観光スポットがあります。流山駅近くの「流山おおたかの森」は、広大な敷地を有する公園で、四季折々美しい花を楽しむことができます。また、「流山市立博物館」では、流山の歴史や文化について学ぶことができます。さらに、「流山温泉」では、天然温泉に浸かって疲れを癒すことができます。

流鉄流山線は、自然豊かな風景とレトロな雰囲気を楽しむことができる、魅力的な路線です。ぜひ一度、流鉄流山線に乗って、流山の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

流鉄流山線の沿線にある観光スポット

流鉄流山線の沿線にある観光スポット

流鉄流山線の沿線には、自然豊かな観光スポットが数多く点在しています。その中でも、特に人気なのが、江戸川沿いに広がる「江戸川河川敷」です。ここは、サイクリングやジョギング、釣りなどのアウトドアレジャーを楽しむのに最適なスポットで、休日は多くの人で賑わいます。また、流山市のシンボル的存在である「流山おおたかの森駅」も、流鉄流山線の沿線にあります。同駅は、2010年に開業した新しい駅で、周辺には大型商業施設やマンションなどが立ち並び、近年急速に発展しています。流鉄流山線の沿線には、他にも「流山市立博物館」や「流山市立郷土資料館」などの文化施設や、「流山温泉郷」などの観光スポットがあります。流鉄流山線を利用して、流山の自然や文化を満喫してください。

流鉄流山線を利用する際の注意点

流鉄流山線を利用する際の注意点

流鉄流山線を利用する際の注意点

流鉄流山線は、千葉県流山市を走る私鉄です。流山駅と馬橋駅を結ぶ全長4.1キロの路線で、1916年に開業しました。流鉄流山線は、沿線に自然豊かなスポットが多く、ハイキングやサイクリングを楽しむ人たちに人気です。また、流山駅周辺には、老舗の和菓子店や洋菓子店が立ち並び、食べ歩きを楽しむこともできます。

流鉄流山線を利用する際には、以下の点に注意してください。

* 流鉄流山線の始発駅である流山駅は、JR武蔵野線の高架下にあります。流山駅に行くには、JR武蔵野線の改札口を出て、階段を降りてください。
* 流鉄流山線の終着駅である馬橋駅は、JR常磐線の駅舎に隣接しています。馬橋駅に行くには、JR常磐線の改札口を出て、右手に進ってください。
* 流鉄流山線の運賃は、大人180円、小人90円です。流山駅と馬橋駅の間を往復する場合は、大人360円、小人180円です。
* 流鉄流山線は、1時間に2本程度運行しています。流鉄流山線の時刻表は、流鉄流山線のホームページでご確認いただけます。
* 流鉄流山線は、混雑することがあります。混雑を避けるため、ピーク時を避けてご利用ください。

タイトルとURLをコピーしました