ジャッジ・ドレッド:SFアクションの世界

スポンサーリンク

ジャッジ・ドレッド:SFアクションの世界

ジャッジ・ドレッドとは。

ジャッジ・ドレッドとは、

1. 1995年に公開されたアメリカ合衆国の映画。題名は『Judge Dredd』。イギリスのコミックを原作としたSFアクション映画。ダニー・キャノンが監督を務め、シルベスター・スタローン、アーマンド・アサンテ、ダイアン・レイン、ロブ・シュナイダーらが出演。
2. 2012年に公開されたアメリカ合衆国の映画。題名は『Dredd 3D』。ピート・トラヴィスが監督を務め、カール・アーバン、レナ・ヘディ、オリヴィア・サールビーらが出演。上記の1作目のリブート作品。

2つの映画版の比較

2つの映画版の比較

-# 2つの映画版の比較

ジャッジ・ドレッドは、イギリスの人気コミックを基にした映画で、1995年にシルヴェスター・スタローン主演で、2012年にカール・アーバン主演で公開された。

1995年の映画は、原作のストーリーをかなり忠実に再現しており、ジャッジ・ドレッドが巨大都市メガシティ・ワンで犯罪者を取り締まるという内容である。スタローンのジャッジ・ドレッドは、無慈悲で冷徹な法執行官として描かれており、その独特な口調も印象的だ。

2012年の映画は、1995年の映画よりも原作に忠実なストーリーとなっている。ジャッジ・ドレッドが、メガシティ・ワンの治安を乱す犯罪組織と戦うという内容だ。アーバンのジャッジ・ドレッドは、スタローン版よりも人間味のあるキャラクターとして描かれており、その葛藤や苦悩も丁寧に描かれている。

2つの映画版は、どちらもジャッジ・ドレッドというキャラクターの魅力をうまく表現しており、それぞれに違った良さがある。1995年の映画は、原作の雰囲気を忠実に再現しており、スタローンの演技も素晴らしい。2012年の映画は、ストーリーやキャラクター描写が原作に忠実で、アーバンの演技も素晴らしい。

どちらの映画版も、SFアクション好きにはたまらない作品となっている。

ジャッジ・ドレッドの世界観

ジャッジ・ドレッドの世界観

ジャッジ・ドレッドの世界観は、アメリカの漫画家、脚本家であるジョン・ワーグナーとカルロス・エズケーラによって生み出された架空の近未来ディストピア社会です。この世界は、核戦争によって荒廃した地球で、唯一の生存地となったメガシティ・ワンを舞台にしています。メガシティ・ワンは、高さ200階建ての高層ビルが林立する巨大な都市で、2億人もの人々がひしめき合っています。街は犯罪と暴力であふれ、政府はジャッジと呼ばれる法執行官に権限を委譲しています。ジャッジは裁判官、警察官、処刑人の役割を兼ねており、犯罪者を裁き、処罰する権限を持っています。

ジャッジ・ドレッドの世界は、退廃的で暴力的な社会です。人々は犯罪に怯え、政府を信頼していません。ジャッジは、犯罪を取り締まるためにあらゆる手段を駆使しますが、そのやり方はしばしば残忍で非人道的です。ジャッジ・ドレッドは、この腐敗した世界の中で、正義のために戦う孤独なヒーローです。彼は、犯罪者と戦い、市民を守ります。しかし、ジャッジ・ドレッドは、法律に従って行動することを強要されており、しばしばジレンマに陥ります。彼は、正義のために戦うべきか、法律に従うべきか、どちらかを選択しなければなりません。

ジャッジ・ドレッドのキャラクターたち

ジャッジ・ドレッドのキャラクターたち

ジャッジ・ドレッドのキャラクターたち

ジャッジ・ドレッドの世界には、そこで起こる物語に欠かせない魅力的なキャラクターたちが存在します。その中でも特に重要な3人のキャラクターを紹介しましょう。

1. ジャッジ・ドレッド

ジャッジ・ドレッドは、メガシティ・ワンで法を執行する裁判官です。彼は冷酷で非情な性格であり、犯罪者に対しては容赦のない態度をとります。しかし、その一方で、正義感も強く、メガシティ・ワンの市民を守るために全力を尽くしています。

2. アンダーソン

アンダーソンは、ジャッジ・ドレッドの相棒である女性裁判官です。彼女はジャッジ・ドレッドとは対照的に、心優しく正義感の強い人物です。しかし、その一方で、芯の強さも持ち合わせており、ジャッジ・ドレッドと共に数々の事件を解決していきます。

3. クルーグ

クルーグは、メガシティ・ワンの犯罪組織のボスです。彼は冷酷で残忍な性格であり、手下を使ってメガシティ・ワンを恐怖に陥れています。しかし、その一方で、カリスマ性も持ち合わせており、多くの犯罪者たちが彼に従っています。

ジャッジ・ドレッドの世界は、この3人のキャラクターを中心にストーリーが展開していきます。彼らの活躍や葛藤を通して、メガシティ・ワンの闇や人間の善悪について考えさせられるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました