JUDY AND MARY「クリスマス」

スポンサーリンク

JUDY AND MARY「クリスマス」

クリスマスとは。

クリスマスとは、日本のロックバンド、JUDYANDMARYが1994年に発表した楽曲である。作詞はYUKI、作曲は恩田快人が担当しており、シングル「Cheese“PIZZA”」のカップリング曲として収録されている。

曲の特徴

曲の特徴

JUDY AND MARY「クリスマス」の曲は、その特徴的な歌詞とメロディーで多くの人々に愛されている。歌詞は、クリスマスの夜に恋人と過ごす幸せを歌ったもので、サビの部分では「クリスマス イブの夜は しあわせなはずなのに」と、幸せなはずなのにどこかしら寂しいという複雑な感情を表現している。メロディーは、全体を通して軽快なテンポで、サビの部分では盛り上がっていくような構成になっている。また、曲中には鈴の音やコーラスなどのアレンジが加えられており、クリスマスの雰囲気を演出している。

歌詞の意味

歌詞の意味

JUDY AND MARY「クリスマス」の歌詞の意味

JUDY AND MARYのクリスマスは、1997年に発売されたシングル曲です。この曲は、クリスマスを題材にしたバラードで、切ない恋心を描いた歌詞が特徴です。

歌詞は、クリスマスイブの夜、主人公が恋人との思い出を思い出しながら、一人寂しく過ごしている様子を描いています。主人公は、恋人に「今年も会えないね」と語りかけ、二人の思い出を振り返ります。また、主人公は「クリスマスの夜に奇跡が起こるといいな」と願いながらも、心が折れてしまう様子が描かれています。

この曲は、クリスマスの季節に切ない恋心を抱えている人々に共感を得たことで、ヒットしました。また、歌詞の美しさやメロディーの切なさが評価され、カラオケでも人気の曲となっています。

カバーされたバージョン

カバーされたバージョン

-カバーされたバージョン-

JUDY AND MARYの「クリスマス」は、多くのアーティストによってカバーされ、さまざまなバージョンがリリースされています。カバーされたバージョンのいくつかをご紹介します。

* -奥華子- (2006)
奥華子のカバーバージョンは、2006年にシングルとしてリリースされました。奥華子らしい柔らかい歌声と、アコースティックギターを主体としたアレンジが特徴です。

* -平原綾香- (2007)
平原綾香のカバーバージョンは、2007年にアルバム「Jupiter」に収録されました。平原綾香の力強い歌声と、オーケストラをバックにした壮大なアレンジが特徴です。

* -秦基博- (2010)
秦基博のカバーバージョンは、2010年にシングルとしてリリースされました。秦基博の繊細な歌声と、アコースティックギターとピアノを中心としたシンプルなアレンジが特徴です。

* -絢香- (2011)
絢香のカバーバージョンは、2011年にシングルとしてリリースされました。絢香の透明感のある歌声と、ピアノとストリングスを中心とした壮大なアレンジが特徴です。

* -SEKAI NO OWARI- (2015)
SEKAI NO OWARIのカバーバージョンは、2015年にシングル「Hey Ho」に収録されました。SEKAI NO OWARIらしい幻想的なアレンジと、Fukaseの個性的な歌声で新たな「クリスマス」が誕生しました。

これらは、JUDY AND MARYの「クリスマス」のカバーバージョンのほんの一部です。他にも多くのアーティストによってカバーされており、それぞれのアーティストが独自のアレンジで「クリスマス」を表現しています。

タイトルとURLをコピーしました