ジュール・ヴェルヌの「月世界旅行」

スポンサーリンク

ジュール・ヴェルヌの「月世界旅行」

月世界旅行とは。

月世界旅行は、フランスの作家ジュール・ヴェルヌが1865年に発表した冒険SF小説です。原題は「Delaterre à la lune」で、邦題には「宇宙号九十時間」もあります。

物語のあらすじ

物語のあらすじ

-物語のあらすじ-

ジュール・ヴェルヌの「月世界旅行」は、1865年に出版されたSF小説である。物語は、1865年にアメリカ合衆国フロリダ州のフロリダ岬から打ち上げられた、3人の宇宙飛行士が乗る大砲型の宇宙船「コロンビアード号」の旅を描いている。

宇宙飛行士たちは、月の引力に引き寄せられて月面に不時着する。そこで彼らは、月の地表に生息する知的生命体であるセレニアンに出会う。セレニアンは、平和的な種族であり、宇宙飛行士たちを歓迎する。

宇宙飛行士たちは、セレニアンの指導者であるミシェル・アルダン博士と出会い、月の歴史や文化について学ぶ。彼らはまた、月の地表を探索し、さまざまな奇妙な生物を発見する。

ある日、宇宙飛行士たちは、セレニアンが月にやって来た宇宙船を発見する。宇宙船は、地球から追放された犯罪者たちによって操縦されており、彼らは月の支配を企んでいる。

宇宙飛行士たちは、セレニアンと協力して犯罪者たちと戦い、最終的に勝利を収める。彼らは、犯罪者たちを地球に送り返し、セレニアンと平和条約を結ぶ。

宇宙飛行士たちは、コロンビアード号で月を離れ、地球に帰還する。彼らは、英雄として迎えられ、世界中から賞賛される。

登場人物

登場人物

-登場人物-

ジュール・ヴェルヌの「月世界旅行」には、さまざまな個性豊かな登場人物が登場します。主人公のフランス人技師バルビカンはある日、アメリカへ旅立つ友人ミッシェル・アルダンを夕食に招き、友人たちとアメリカの砲兵大尉ニコルとともに「大砲で月へ行く」という奇想天外な計画を思いつきます。その計画を世界中に発表し、ロンドン・ロンドン砲兵工廠の社長ジェームズ・T・マストンを始め、世界の富豪たちから資金援助を受け、計画は一気に現実味を帯びていきます。マストンもバルビカンらとともに月旅行に参加します。

バルビカンたちはアメリカのフロリダ州のタンパ湾に移動し、砲弾の形に巨大な宇宙船を作ります。そして月旅行当日の12月1日、アメリカ合衆国大統領や多くの科学者たちが見守る中、砲弾は月に向けて発射されます。

宇宙船の中で、バルビカン、アルダン、マストンの3人は、宇宙旅行の楽しさを味わいながら、辛抱強く月の到着を待ちます。そしてついに、宇宙船は月面に到着します。月にはさまざまな不思議なものがあり、バルビカンたちはその光景に驚嘆します。

しかし、月旅行は順調には行きませんでした。宇宙船は月面で故障してしまい、バルビカンたちは月面に降り立つことができなくなってしまいます。バルビカンたちは宇宙船を修理し、なんとか地球に帰還します。

作品の影響

作品の影響

ジュール・ヴェルヌの「月世界旅行」は、1865年に初めて出版されたSF小説です。この作品は、大砲を使って月まで旅する3人の男の冒険を描いています。「月世界旅行」は、ヴェルヌの代表作の一つであり、SF文学の傑作として知られています。

「月世界旅行」は、世界中で翻訳され、何度も映画化やテレビドラマ化されています。また、この作品は、後のSF作家に大きな影響を与えました。H.G.ウェルズ、アーサー・C・クラーク、アイザック・アシモフなどの作家たちは、皆「月世界旅行」を読んで影響を受けています。

「月世界旅行」が後のSF作家に与えた影響は、主に2つあります。第一に、この作品は、宇宙を舞台にしたSF小説の可能性を示しました。それまでのSF小説は、地球上を舞台にしたものがほとんどでしたが、「月世界旅行」は、宇宙を舞台にしたSF小説の可能性を示しました。第二に、この作品は、SF小説の科学的正確性を重視する姿勢を示しました。ヴェルヌは、この作品を書くために、膨大な科学的調査を行いました。この姿勢は、後のSF作家たちに受け継がれ、SF小説の科学的正確性は重視されるようになりました。

「月世界旅行」は、SF文学の傑作であり、後のSF作家に大きな影響を与えた作品です。この作品は、宇宙を舞台にしたSF小説の可能性を示し、SF小説の科学的正確性を重視する姿勢を示しました。この作品の影響は、現代のSF小説にも見ることができます。

タイトルとURLをコピーしました